2021年4月1日 FXトレード実践結果

2021年4月1日の相場の動き

レンジ相場となりました。

 


 

これまでのダイナミックな動きから一転、小幅なレンジとなってしまいました。

ボラティリティーは、約30pipsとトレードチャンスらしいチャンスはありませんでした。

三角保ち合いから一回上方へブレイクしましたが、ダマシのような形となり、下落に推移しています。

この三角保ち合いかたらのダマシは、よく見られるので、

「ブレイクした!」

と思って飛び乗ると、思わぬ損失を出しかねないことにもなるので注意しましょう。

 

三角保ち合いの引いたチャート掲載しておきます。

 


 

こちらの方がわかりやすいでしょう。

 

相場展開の予想

このチャートを見る限り、上方へのダマシがあり、下方にブレイクとなったので、売りを仕掛けたいところです。

しかし、後半のローソク足が、細かく小さ過ぎるので、再度上方への警戒も怠ってはいけない状況です。

 

そして、今日は、アメリカの雇用統計発表の日です。

このことから、最近の上昇の勢いも含めて、売りのみで考えておくというのは、やはり危険でしょう。

 

売り目線を重きに置いておいて、チャートが下向きなら、少し早めのエントリーでもいいですが、上向きになったら、少し様子を見てからのエントリーするという形を取るのがいいと思います。

最近は、雇用統計も大きく動きませんが、今日あたりは、サプライズ発表で、久しぶりに大きく動く予感もします。

くれぐれも、カンでのエントリーはしないようにしましょう。

 

トレード結果

第1手法のみです。

 


小幅な動きだったので、利益も少なかったです。

 

4月1日の利益 +13,500円

4月の総利益 +13,500円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る