2021年6月16日 FXトレード実践結果

2021年6月16日の相場の動き

上昇転換となりました。

 

 

FOMCでのゼロ金利政策を、2023年中に前倒し解除するという発表があり、景気回復の期待感から急上昇しています。

前日が全く動かなかっただけに、その反動も出た感じです。

上下幅は約90pipsでしたが、動いたのは日本の夜中の時間帯なので、起きてみてビックリという感じだったでしょう。

当たり前ですが、その前のローソク足群と急上昇したローソク足群とは実体の長さが違います。

明らかに展開が変わったということがここからも読み取れます。

このように1本のローソク足でそこからの展開が急変することがあります。

ここまでわかりやすくなくても、下落トレンド中の大きな陽線時などは要注意です。

不用意な逆張りは慎むべきでしょう。

 

相場展開の予想

日足の高値111円付近までやってきているのですが、ここからさらに上昇は、簡単ではなさそうです。

下落に転じても上昇のような急降下ということはなさそうです。

まずはレンジ展開を見ていきます。

ボラティリティーが上がっているので、多少の下落もソコソコの下落には見えてくるでしょう。

そのターゲットは110.40円付近です。

今までと見ている次元が違うことを意識してトレードするようにしましょう。

 

トレード結果

第1手法のみです。

 

大きく動く前は、30pipsも動いていなかったので、この成績でも仕方がありません。

 

6月16日の利益 +11,500円

6月の総利益 +358,000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る