2021年7月1日 FXトレード実践結果

2021年7月1日の相場の動き

上昇トレンドとなりました。

 

 

予想とは正反対に高値を更新していきました。

始値の高値付近で揉み合い、そこからブレイクして上昇しています。

最近の高値・今年の高値を超えていきました。

ボラティリティーは約60pipsで、2日で約120pipsほど動いています。

 

雇用統計前のちょっと強引な動きに、戸惑っているトレーダーも多くいることでしょう。

上方にある、紫色のラインは日足のチャネルラインの上限です。

日足を見てみます。

 

 

ただ、日足レベルで見ると、ノイズの範疇とも言えます。

いずれにせよ、今日の雇用統計は重要です。

 

相場展開の予想

雇用統計がいよいよ発表になります。

ここ2ヶ月の雇用統計は大きく動いていますが、今日も大きく動いてきそうです。

量的緩和策を出口に向かわせるという、中央銀行からのメッセージ(テーパリング)が出つつあり、それが市場にはかなりのインパクトとなります。

テクニカル的には、上昇優位な状態ですが、個人的な見方としては、この2日間の上昇分を打ち消すような下落が優勢と見ています。

上昇なら、ソコソコの大きな動き、それでも50~80pips内で、下落なら100pips以上出てくるような動きとイメージしています。

 

大きく稼ぐチャンスではありますが、逆に大きく損失を出す可能性もあります。

少し落ち着いてからの来週からトレードを再開するということでもいいかもしれません。

 

トレード結果

第1手法のみです。

 

本業が忙しかったので、1トレードのみです。

買いの勢いには乗れました。

 

7月1日の利益 +25,000円

7月の総利益 +25,000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る