2020年12月31日 FXトレード実践結果

2020年12月31日の相場の動き

レンジ相場となりました。

 


 

102円台に割り込んでくるのは、かなり嫌がっているようで、きれいに反発していきます。

結局、上下幅は約30pipsほどで、急変なども起きない平穏な2020年の最終日を迎えました。

1週間を振り返ってみましょう。

 


 

全体的には下落トレンドでしたが、日足トレンドラインをまたいでのせめぎ合いが見られました。

この日足のトレンドラインを中心に日足を見てみます。

 


 

きれいに抑えられているのがわかります。

ついでに、1年も振り返ってみましょうか。

 


 

こちらは拡大していますが、1年を通すと下落トレンドで終わっています。

特にコロナショック時は、急激な円高に振れました。

その後、勢い良く元に戻したものの、安値を意識された動きが見られた後半戦でした。

 

相場展開の予想

新年の動き出しはまだ、全面的にトレードが始まるわけではないので、年末と同じような感じを考えています。

ただし、上図のように長期的には、下落をメインに考えざる得ない展開です。

1週間は様子を見たいところです。

1月はアメリカの大統領の就任式などがありますが、実は、まだ波乱があるのではと個人的には見ています。

となると、早いうちに波乱の乱高下スタートも見えてくるでしょう。

 

イギリスのEU完全離脱もあり、世界的にはリスクが満載ですが、どういうわけか、リスク・オンの状態で株高になっています。

ビットコインは3万ドルも突破して、2017年~2018年のバブル期よりもブレイクして、どうにかなってしまったのかという状態です。

ビットコインの1次バブルが終わった後に、この動きを予測できた人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

ファンダメンタル的な読みは、なかなか難しいものと改めて感じます。

やはり、チャートをよりどころにして、戦略を立てていくというのが、いいということです。

マスコミや専門家の当たらない予想は鵜呑みにせずに、しっかりとリスク管理をしてトレードの研究をしていくことが大事ということです。

 

トレード結果

第1手法のみです。

 


トレード納めはマイナスにならないように注意しましたが、難しかったです。

 

12月31日の利益 +11,500円

12月の総利益 +769,000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る