2021年4月30日 FXトレード実践結果

2021年4月30日の相場の動き

レンジ相場からの上昇転換になりました。

 


 

ローソク足の長い陽線が出るまでは、トレードチャンスらしい動きはなくて、珍しい日になると思われた時に動いてきました。

しかしながら、その動き自体も時間も限定的となり、結局トレードしにくい相場となっています。

少し強引な動きも確かにありましたが、予想とは裏腹に、想定範囲内でおさまっていたと言えるでしょう。

 

マーケットは、何が起こるかわかりませんが、予想範囲内におさまり過ぎ、というのも想定外になります。

こういう時に、方針転換がすぐに出来るかどうかという対応力は、トレードでは常に求められますので、臨機応変に動いていく機敏さは、少し意識しておきましょう。

 

1週間を振り返ります。

 


 

1週間を通して見ると、特別な動きというわけではないのですが、日単位ではやりくいという感じでした。

特に、サポートライン、レジスタンスラインの明確なブレイクを待っていると、日本時間の夜中になる事が多く、その動きは限定的でしたので、デイトレードでは、結構やりにくかったと思われます。

後半はダマシ的な動きも随所に見られたので、さらにやりにくさを感じたでしょう。

 

相場展開の予想

ちょっと様子を見ていきたい感じです。

先週の終値辺りの動きは、かなり細かいレンジですので、動き出しに注意です。

もし、上昇展開になれば、110円近くまで上昇してもおかしくはありません。

ただ、そこからは、中期的に見ても、かなり厳しいと見ています。

下落は108円の中盤まではありえます。

5月の初っ端から大きな動きがあるとは、思わないですが、頭の片隅には入れておいた方がいいでしょう。

 

トレード結果

第1手法、第2手法です。

 


細かい利食いになりました。

仕方ないでしょう。

 

4月30日の利益 +25,000円

4月の総利益 +709,500円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る