2021年4月6日 FXトレード実践結果

2021年4月6日の相場の動き

乱高下相場となりました。

 


 

ほぼ想定通りの動きになりました。

上図のチャートの上の方に見切れて見える、黄色のトレンドラインに抑えられて下落が一気に進みました。

極端な動きのため、難しいと感じたかもしれません。

逆に短い足の方がやりやすかったでしょう。

上下幅は約90pipsと大きな動きになりました。

ボラティリティーが大きいのはいいのですが、単純に買い・売りといけないところがトレードの難しさでもあります。

 

現在、1時間足レベルでは、明らかに下落していますが、日足レベルで見ると、調整下落という見方も出来ます。

乱高下相場を制するのは、難しいものです。

勢いでエントリーしがちですが、一呼吸置いて、冷静になってトレードをしたいものです。

 

相場展開の予想

考えているのは、先週の予想となるゾーンまでの下落、108円の後半から109円の前半までです。

一気に到達するのか、すこし踏みとどまってから到達するのか、というところの見極めです。

109.70円あたりというのは、攻防が激化しそうで、ここでの決着次第になりそうです。

ただ、踏みとどまっても、110円に届くか届かないかで、再度下落の兆候があります。

ですので、上がったら売るという戦略で良いかと思います。

本日の夜中には、アメリカの重要指標のFOMCがあるので、ポジションの持ち越しはしないようにしましょう。

 

トレード結果

第1手法、第2手法です。

 


 

大きな動きがあったので、利益も結構取れました。

 

4月6日の利益 +90,500円

4月の総利益 +182,000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る