2021年7月2日 FXトレード実践結果

2021年7月2日の相場の動き

下落トレンドとなりました。

 

雇用統計は、思ったほど動きませんでした。

様々な指標が改善と悪化、両方の結果となり、どっちつかずのような形で発表直後は神経質な動きになり、方向感がありませんでした。

結果的に下落となり、思惑通りには進んでいます。

上下幅は約70pipsですので、動いてはいますが、ここ数ヶ月の雇用統計の動きから見ると、物足りなさは感じます。

少し先の話ですが、FOMCでの動きに、個人的には注目です。

引いてみてみます。

 

 

前半はレンジの小動き、中盤は急上昇、後半は下落と、忙しい1週間ではありました。

この1週間できちんと利益が出せていれば、トレードの実力は結構あると言ってもいいでしょう。

レンジ・上昇・下降、全て取りきるのはそう簡単ではありません。

全ての相場で取りに行くとヤケドを負いますので、やりやすい相場のみでのトレードを基本にしましょう。

 

相場展開の予想

ダブルトップのチャートパターンになっています。

ただ、ここからさらに下落になるかと言うと、難しい判断になります。

下がれば、急上昇する前のレート、110.50あたりまで考えてもいいですが、終値は、サポートラインあたりまで終わっています。

下落は一段落で上昇に転じてもおかしくはありません。

窓開けでの下落で始まれば、戻り売り、突っ込んだ売り、どちらでも仕掛けていいとは思っています。

計画的であれば、ナンピンも可能と考えています。

月曜でも積極的に仕掛けていきたいところです。

 

トレード結果

第1手法、第2手法です。

 

スキャルピング的なトレードも行いました。

 

7月2日の利益 +97,500円

7月の総利益 +122,500円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る