FXトレードの基本(通貨ペアとpips)とは?

FXとは 基本のキその3(通貨ペアとpips)

株式よりも選択肢がかなり少ないものの、

FXを始めるときに、どの通貨ペアでトレードするかというのは、

多少迷うこともあるかもしれません。

初心者、初級者ならば、ニュースの経済情報でも定期的に取り上げられる、

米ドル円(USD/JPY)でよいでしょう。

その他にも、基本的に、通貨の数だけ通貨ペアは存在しますが、

日本で身近なところで代表的なものは、

米ドル円:USD/JPY

ユーロ円:EUR/JPY

ユーロ米ドル:EUR/USD

ポンド円:GBP/JPY

といったところでしょうか。

どれも取引量は多いので、これらの通貨を選んでおけば間違いはないでしょう。

 

FXで解釈に苦しむものとして挙げられるものの一つに、pipsがあります。

pipsとは、FXでトレードするときに使われる単位で、

通貨ペアが様々なため、一つの通貨で価値を表現できません。

そこでpipsという単位が使われるのです。

pipsは、最小通貨の1%を表します。

円絡みの通貨なら、1pips=0.01円、1銭となります。

108.45円なら5の部分です。

米ドルですと、1セントの1%になりますから、ドルを基準とすると、

1pips=0.0001ドルとなります。

1.2023ドルなら、3の部分です。

なんだかややこしくなりましたが、

円絡みなら小数点2桁目、米ドル絡みなら、小数点4桁目、

と覚えておけばよいでしょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る