2020年3月6日 FXトレード実践結果

2020年3月6日の相場の動き

下落トレンドとなりました。

 

 

嫌な予感はしていましたが、前日のブログで危惧していたとおり、雇用統計前に動いて雇用統計後に落ち着くという、類を見ない展開になりました。

つまり、雇用統計前に勝負は終わっていたということです。

いやはや、これはなかなかの展開で、どうにもこうにもならない感じでしたね。

動きの幅は1.3円ほどあり、相変わらずボラティリティーは高いです。

最近の動きがどれだけすごいのか、ちょっと引いて見てみましょう。

 

 

4時間足のチャートですが、改めて見ると、その動きに驚かされます。

思えば下落する前の上昇の動きは不可解でした。

2月の21日あたりから急落が始まり、現在に至ります。

その時から約7円ほどの下落、米ドル円で2週間でこれだけ動いているのは、昨年の全く動かない相場から見れば驚愕です。

 

相場展開の予想

テクニカル的には、底をついた感はあります。

104円台に確実に突入しても103円を目指すのは難しいと見ています。

ただ、この週末で世界経済に影響を与え続けている、新型コロナウイルスの情報いかんでは、簡単に突き破っていく可能性もあります。

 

個人的には買いどころを探りたいところです。

正直どこが買いどころか見当たらないのですが、下がってくれば、104.60付近でひとまず拾いたいと考えています。

上昇から始まれば売りを考えますが、これも適当にトレードしていては、損失を膨らませかねません。

十分に引きつけて、106円の前半まで考えておけば確実です。

ただ、そこまで上がらない、広い範囲でのレンジ形成をイメージしています。

正直、積極的にトレードするより、様子を見てみたい感じです。

 

トレード結果

第一手法、第二手法です。

 

 

アホみたいにトレードしています。

そのおかげで利益はかなり出ました。

さすがに次の週は・・・、いや、相場が許す限り、取っていきたい状況です。

 

3月6日の利益 +273,000円

3月の総利益 +961000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る