日々の相場解説・実績を公開してます。

貯金で100万円貯まったらどうすべき?

貯金で100万円貯まったらどうすべき?

その昔、バブルの時代は、銀行にお金を預けておくだけで、差はありますが、利息が6%というということがありました。

今では考えられない金利ですよね。

では、今、この時代には、100万円ほどのお金が貯まった場合、どうすればよいでしょうか?

 

1.貯金を継続する

ちなみに今の普通預金の金利は0.001%です。定期でも0.01%の超超低金利。

100万円預けても100円です。

意味がありませんね。

ただ、このまま貯金を継続しておく意味はあります。

すぐに引き出せる貯金は、不測の事態には大きな力を発揮します。

当面の生活費を確保しておくことで、不安はある程度解消できます。

その目安は、半年から1年ほどあれば、とりあえずはというところです。

 

2.個人年金保険

保険料の払込期間に保険料を納めることで、契約時に定めた年齢に達した時点から、一定期間年金が受け取れる貯蓄型の保険です。

元本保証があるので、安全です。

個人年金保険にも種類があります。

確定年金・・・生死に関わらず年金を受け取れます。

終身年金・・・生存している限り年金を受け取れます。長生きほど良いが早く亡くなれば元本割れも。

変額個人年金・・・保険会社の運用実績によって年金額が変わります。元本割れの可能性もあります。

 

個人年金保険は、貯金が苦手でも保険料が指定口座から強制的に引き落とされます。

ですが、途中解約すると元本割れもあります。

ちなみに返戻率は、3%~5%あたりが目安です。

それほど高くはありませんが、銀行預金よりはマシで、生命保険料控除で節税効果は高いです。

 

3.投資

勢いよく殖やすには、やはり、投資が最大の近道です。

投資信託はプロのファンドマネージャーに運用をおまかせするので、いいように思いますが、

元本割れリスクは、他の投資商品と変わりがありませんし、なにより、手数料がバカ高いです。

は、一般的にポピュラーですが、初期資金がある程度必要です。

最近はミニ株投資で、1万円の少額からでも初められるようにはなっていますが、選択肢がかなり限られるので、実際のところは20万円ほどは欲しいところです。

気軽に少額でとなると、やはりFXになるでしょう。

1万円からで十分に初められますし、月利で数十%出す一般トレーダーもゴロゴロいます。

また、株とは違い、売りから入ることも出来るので、全体の経済が思わしくない時にでも利益が出せます。

「FXで破産」という悪いイメージが付いていますが、レバレッジも効いて、これほど資金効率がよい投資商品はありません。

 

どれを選ぶのが正解でも不正解でもありません。

あなたの現状を考えて、守るも攻めるもありです。

ただ、知らないことは機会損失ですので、知っておくことは重要です。

 

昨日の相場の動き

下落トレンドとなりました。

 

 

まさかの安値更新の大幅下落でした。

新型コロナウイルスの不安は、思っている以上に敏感にマーケットは反応しています。

NYダウは969ドル安、カリフォルニア州で緊急事態宣言が出されています。

また、1.7円ほどの下落で一時105円台まで割り込みました。

安値更新をしたあたりからトレードを積極的にすれば利益は取れましたが、時間も深夜で、なかなかエントリーはしずらかったかもしれません。

ちょっと予想だにしない動きになっています。

 

相場展開の予想

このような大きな動きに加えて今日は雇用統計の発表日です。

何が起きるかわかりません。

ただ、ここまで大きな動きが出ていることから、よほどのポジティブ・ネガティブな数字が出ない限り、値動きは発表直後を除くと落ち着くのではないかと考えています。

もし下落の動きが加速すれば、104円台突入も簡単にこなしていくでしょう。

上昇は106円中盤まで考えられますので、動きの幅は大きく見ておく必要性は継続的にあります。

十二分に注意を払ってトレードしていきましょう。

 

トレード結果

第一手法、第二手法です。

 

 

引き続き売り中心で利益が取れました。

ただ、下落トレンドをもっとイメージできていればもう少し積み重ねられたはずでした。

 

3月5日の利益 +119,000円

3月の総利益 +688,000円