日々の相場解説・実績を公開してます。

不労所得で暮らす!具体的な方法をご紹介!

不労所得で暮らす!具体的な方法をご紹介!

不労所得というとなんだか怪しい響きでしょうか。

しかしながら、不労所得というのは、怪しくもなんでもありません。

お金に働いてもらい、正当な収入を得るということなんです。

今回はその根本となる考え方を学んでいきましょう。

 

そもそも不労所得は身近に存在します。

それは銀行の利息です。

現在は、銀行に預けても二束三文ですが、

株を買って配当金を得る、FXでスワップを得る、不動産で家賃収入を得るというのもお金に働いてもらうことと同じです。

 

ここで大事な不等式があります。

不労所得>生活費

 

生活費より不労所得が多ければ、お金は余ります。

例えば、月2万円を10年間貯めたとしましょう。

2万円×12ヶ月×10年=240万円です。

年の利回りが5%ならどれくらいになるでしょうか?

これは310万円ほどになります。実に70万円の差が生まれるのです。

複利の効果は絶大です。

このように殖やしていくと不労所得>生活費の不等式は大きくなります。

 

では、毎月5万ほどの不労所得があれば実際はどのような暮らしになるでしょうか?

生活費の足しにと考えるかもしれません。

が、かなりメリットがあります。

まず、時間の自由が挙げられます。

残業をして、給与を月5万円上げる必要はありません。

住む場所も会社に近いところで通勤地獄からも解消されるでしょう。

また、職業自体も、自分の夢ややりたいことに向けて資金を投入できます。

 

会社などの現在の収入源となる依存度が減ることで、勝手にお金がお金を生み出す仕組みを作り出していくことができれば、かなり生活は楽になることでしょう。

その最初のステップは、

副業などで収入を増やし、余分な支出を減らし、お金を貯めて、

その間にも投資を続けるということが重要です。

余剰金を投資に回していくことを意識していきましょう。

 

昨日の相場の動き

上昇トレンドとなりました。

 

 

全く予想が外れています。

この3週間ほどの動きは予想をはるかに超えていく動きです。

全然慣れきっていません。

3円ほどのきれいな上昇で、なんと111円に到達する直前まできました。

そして、日をまたぎ、111円に突入もしています。

日足を見てみましょう。

 

 

急落を始めた水準まで戻ってきました。まさにV字回復です。

テクニカルを無視したような動きで、さすがの私も面食らっています。

 

相場展開の予想

さすがにここまで上り詰めたのなら、今日は一息でしょう。

というか、暴落が怖くなりました。

この上昇をみると、暴落はなさそうに見えますが、逆に不気味です。

下落は108円を割るか割らないところまではいきそうです。

対して上昇は、可能性は低いものの、日足の直近、112円の前半まで見ます。

安易なポジション取りは、一気に損失を招きかねませんので、慎重なトレードが必要です。

 

トレード結果

第一手法、第二手法です。

 

無言状態です。

安易なポジション取りで致命的なマイナスを受けてしまいました。

今月2度目です。

放っておいて、利益を出してやろうと、損切りをおかずにトレードした結果がこのザマです。

3時間ほど私用で外出していたのですが、帰ってきて青ざめました。

すぐさま損切りです。

ちゅうちょなくその場で損切りはしたものの、そこから利益方向へ伸びていく始末で、無力感だけが漂う1日になってしまいました。

大相場から時間が経ち、動きにも慣れてきた油断もあります。

今月は学ぶべきことが多くあります。

 

3月19日の利益 -1,001,500円

3月の総利益 +2,101,000円