2020年7月1日 FXトレード実践結果

2020年7月1日の相場の動き

下落トレンドとなりました。

 


 

前日の上昇を打ち消すような動きになりました。

3日間の動きを引いて見てみます。

 


 

最高値更新後、高値感がやはり出て、下降に転じています。

その後は注目ラインでウロチョロといった感じです。

上下幅は80pipsでそれなりの動きがありました。

高値をつけてから、下落がしっかりと進んでいったので、それなりに利益は取れたのではないでしょうか。

 

相場展開の予想

今日は変則的なのですが、いつも金曜日にあるアメリカの雇用統計の発表が今日あります。

これは、独立記念日の振替休日で明日休場となるためです。

こういうイレギュラー時は、変動も大きくなりがちです。

雇用統計発表前のポジション保有はできるだけ控えておくことがよいでしょう。

いつものように、上昇下落ともにどちらに動き出すか、全くわかりませんが、サポートラインの注目は106.30円付近、レジスタンスラインの注目は、108.75円付近と見ています。

現状からは遠くにあるように見えますが、雇用統計発表後は一気にどちらかに急接近することが考えられます。

意識して気をつけてトレードすべきでしょう。

 

トレード結果

第1手法のみです。

 


私は前半にトレード出来ず少利益のスタートとなりました。

 

7月1日の利益 +10000円

7月の総利益 +10000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る