2021年3月17日 FXトレード実践結果

2021年3月17日の相場の動き

乱高下レンジになりました。

 

 


 

上昇トレンド気味からの急落となっています。

日本時間の真夜中に、FOMCの政策金利発表で、2023年まで利上げがないことに市場が反応を受けて、ドルが下落しました。

大きく動いたように見えますが、ボラティリティーは、約50pipsほどと、見た目ほど動いていません。

FOMCの発表まで上昇と言っても、30pipsほどでした。

高値圏での攻防が、依然続いていると言っていいでしょう。

FOMC後の急落は、明らかに高い状態ということからFOMCキッカケで下落しただけという感じです。

大きなサプライズとは、マーケット参加者は思っていないのではないでしょうか。

現に本日午前中は、元の高値圏へと戻しつつあります。

 

相場展開の予想

神経質な動きが気になります。

高いと思えば、下落調整が出てきて、下がれば、再度高値圏へと突入する動きですので、大きくレンジを見積もってトレードすればよいのですが、そのタイミングはつかみづらいです。

今のところ、108.80~109.30あたりのレンジを見ていきますが、上抜けでの高値更新もまだあるとは見ています。

特に、下落したときの108.80周辺の攻防、上昇したときの109.30周辺の攻防では、無理してエントリーはしなくてもいいでしょう。

ハッキリとしたミニトレンドが出てから、エントリーするという展開が望ましいです。

乱高下のレンジを引き続きイメージしておきましょう。

 

トレード結果

第1手法のみです。

 


夜中はさすがに寝てました。

 

3月17日の利益 +9,500円

3月の総利益 +538,000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る