2021年4月23日 FXトレード実践結果

2021年4月23日の相場の動き

乱高下レンジ相場となりました。

 


 

確かに大きく動いてきましたが、かなりエゲツない動きをしてきました。

サポートラインの107.75円付近をブレイクして一気に下落後、なんと「行って来い」の状態になっています。

戻した後は、最初のレンジ幅で収まっています。

短い時間足では、コレぐらいのことは、よくあるのですが、1時間足では、最近では見られないような動きで、戸惑うトレーダーも多かったと思います。

私もその一人でした。

上下幅は、約70pipsほど。3時間の間でこの値幅を達成です。

下落ブレイクで戻りを狙ったエントリーも、損切りに引っかかってしまうイレギュラーな相場だったと言えるでしょう。

レンジが続いた時には、大きなエネルギーが貯まり、爆発することが多いですが、このように乱高下やダマシも存在していますので、エントリーチャンスはあるものの、きちんと損切り設定をしておかないと思わぬ損失をだすことがあります。

トレードに100%はありませんから、思い込みにトレードには注意しておくべきという、良い教訓になった相場でした。

 

1週間を振り返ります。

 


 

週明けと週末が一番動いたということになりました。

ちょっと特殊な1週間でしたが、裁量トレードの対応を磨くには勉強になったでしょう。

 

相場展開の予想

108円前後の攻防にどのような決着がつくのか?というところに注目してみていきます。

現状、戻りから、再度下落気味ということで、下落方向が変わらず濃厚ではありますが、まだ上昇展開もありえます。

107.80円~108.00円あたりでの動きから、どう進展していくのかをまずは注視していきます。

上昇なら108.30円あたりまでを考えて、一旦は逆張りでもいいでしょう。

下落に関しては先日の直近安値が目標になってきます。

大きなローソク足が共にサポレジになってくるので、週の前半は、この範囲でのレートの推移で終わる可能性も出てきています。

 

トレード結果

第1手法、第2手法です。

 


値動きのように、成績も出入りが激しいトレードになりました。

 

4月23日の利益 +34,000円

4月の総利益 +545,000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る