【FX】勝ちトレーダーがよく利用するインジケーターと全く利用しないインジケーターとは?

【FX】勝ちトレーダーがよく利用するインジケーターと全く利用しないインジケーターとは?

FXのインジケーターには何十種類もあり、チャート分析をするのにどれを使えばよいのか混乱してしまいます。

結論から言うと、インジケーターはメジャーなものだけで、十分でしょう。

あれこれマイナーなインジケーターも面白そうではありますが、中途半端な理解で使用すれば結局稼げずじまいになります。

メジャーなインジケーターに絞って分析をしていくことで利益は十分に取れます。

 

トレンド系インジケーター

 

トレンド系のインジケーターの代表は、移動平均線です。

過去一定期間の終値の平均値を結んだラインで、移動平均線の向きからトレンドが把握でき、移動平均線の角度からトレンドの勢いが判断できます。

 


 

MACDは移動平均線を改良して出来たインジケーターです。

「MACD」と「シグナル」という二つの移動平均線を元に、売買サインを読み取ります。

MACDのゼロラインとのクロスやMACDとシグナル線のクロスでエントリーをしていきます。

 


 

オシレーター系インジケーター

 

ボリンジャーバンドは、相場の振れ幅(ボラティリティ)を一定期間の価格データから測定し、統計学的な観点から価格の変動範囲を予測してチャート上に表示します。

1σ=68.26%
2σ=95.44%
3σ=99.74%

で収まる意味を持ちます。


 

ストキャスティクスは、一定期間の最高値と最安値の範囲で、現在の価格がどのような位置にあるのかを0〜100で示したものです。

 


 

RSIは、相対力指数と呼ばれ、相場の過熱状況を示し、買われすぎ、売られすぎを判断します。

 


 

5種類紹介しましたが、一つのみで分析するもよし、組み合わせて分析するもよしです。

オススメは、トレンド系とオシレーター系、を組み合わせて使うことで、お互いの弱点をカバーをして、(トレンドのダマシ、レンジのダマシ)勝率等を上げることが出来ます。

 

インジケーターは、皆がよく見ているものを中心に選択した方が、テクニカル的にハマりやすくなります。

パラメーターをいじりながら、あなたに合ったインジケーターを使って分析に励んでいきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る