日々の相場解説・実績を公開してます。

宝くじの高額当選の確率って?宝くじよりも早くお金持ちになる方法とは?

宝くじの高額当選の確率って?宝くじよりも早くお金持ちになる方法とは?

日本では、毎日どこかで宝くじが販売されています。

ジャンボ宝くじともなれば、人気の売り場は数時間待ちの長蛇の列になることもあります。

CMでの宣伝もあり、景気に左右されずに人気は衰えません。

 

ですが、宝くじは、買えば買うほど損をします!

 

控除率という言葉があります。

掛け金に対して胴元が取るテラ銭の割合のことです。

雀荘で打てばショバ代(場所代や機器レンタル代)はかかりますが、友人同士で麻雀をやれば、控除はありません。

控除率は0%です。

公営ギャンブルは、約20~30%、パチンコやスロットは約10~15%と言われています。

 

宝くじはどのくらいかと言うと、なんと、55%も取られています。

1万円買えば、5500円は捨てているという計算です。

 

では、当選確率はどのくらいあるのでしょうか?

ジャンボ宝くじの当選確率は、1/1000万~2000万です。

これは、満員の東京ドームが約300個あって、その中から1人選ばれる確率と変わりません。

また、飛行機が100回墜落する確率と同程度です。

いかに当たらないかがこれでおわかりでしょう。

 

公益事業として還元されているとは言われていますが、一部のお金は、既得権益マネーとして、政治関係に回っているでしょう。

 

また、運良く当選してもいいことはありません。

宝くじで高額当選すると不幸になるという話がありますが、それはあながち嘘でないのです。

大きな金額を持つことで、浪費や豪遊でライフスタイルが急激に変わり、そのうち金額が底をつく頃も同じ生活をやめられなくなり、自己破産というのは本当によくあります。

 

また、当選したことをうっかり話すことで、周りの親戚や、周囲の人間の見る目が変わり、

その恩恵に与ろうと、日夜、他人も含めて、たかられます。

 

人間自分の器以上の金額を持つと、精神的に追い詰められます。

取られやしないか?などと心配、人間不信に陥り、ノイローゼになることも本当に多いです。

 

お金を殖やそうとするならば、宝くじに頼ってはいけません。

株や不動産、自己投資などをしてスキルを学び、資産を殖やしていくことが必要なのです。

前に話したように、FXは、少額で投資できることもあり、

投資として、世界経済のダイナミックな動きに直接参入出来るということで、依然としてオススメです。

運に頼るのではなく、自分のスキルを上げて、お金を殖やしていくということを考えていきましょう。

 

昨日の相場の動き

急落となりました。

 

 

心配していたことが起こりました。

1円以上の下落の窓開けで始まり、その後大きく下落、一時101円台まで落ちました。

値動きは3円以上とものすごい動き、ニューヨークダウは、なんと2000ドル以上の過去最大の下げ幅となりました。

世界中に新型コロナウイルスの不安が出ています。

最近の動きがどれほどすごいのか、日足のチャートを再確認します。

 

 

この10日間あまりで10円以上の下落と極端な縦型です。

暴落が来る、来る、とは私も言っていましたが、これだけの動きは想定外です。

今後も目が離せない展開となりました。

 

相場展開の予想

あまりにも大きな円高となったため、買い戻しはくるでしょう。

最近の動きからすると、104円前半辺りまで戻してきてもおかしくありません。

売りは十分に引きつけてから狙いすましてトレードしたいところです。

対して、買いは、短い足でトレンドが出れば、素直に乗っていっていいでしょう。

安易なエントリーは、損失を簡単に膨らませかねないので、気をつけたいところです。

 

トレード結果

第一手法、第二手法です。

 

 

結果的には爆益です。

ただ、非常に危ういトレードもあり、様子を見てトレードを控えるという選択肢もありました。

動きがあるからトレードするではなく、あり過ぎるなら、しないという勇気を持つことも必要です。

 

3月9日の利益 +470,500円

3月の総利益 +1,431,500円