2021年3月22日 FXトレード実践結果

2021年3月22日の相場の動き

レンジ相場となりました。

 


 

下落の窓開けから始まり、窓埋め、その後は小刻みのレンジという状態でした。

ある程度大きな動き出しをしましたが、結局抑えられたという感じです。

上下幅は約40pipsありましたが、実質、トレードレベルでは20pipsがいいところでしょう。

チャンスは少なかったはずです。

週明けの窓開けを狙うという手法もありますが、週一回のみのトレード戦略で、時間も限られているので、市場オープンのこの時間帯が日常時間に組み込まれているならばいいですが、あえて早く起きる必要はないでしょう。

チャンスも週に1度で条件が揃わなければエントリーは出来ないので、フライングエントリーなど、ルール破りをする可能性が十分にあります。

トレードを始める時に注意したいのは、トレードの時間に生活を寄せすぎることです。

これでは、かなり身体的・精神的に負担をかけるので、まずは、普段の生活の延長線上にトレードが出来るように、無理なく組み込むことから始めていきましょう。

 

相場展開の予想

昨日の窓開けの始値を意識したトレードをしていきます。

そのレートは108.60円あたりです。

まずは、ここらへんまで売りで狙ってみてもいいでしょう。

その後は一旦様子を見ていきますが、全体的に下落予想は変わっていませんので、売り仕掛けをメインに考えていきます。

下落せずに上昇したとしても、109円に乗るような確率は少ないと見ているので、しっかりと待ってから売りを浴びせたいところです。

下落トレンドにも見えるようなレンジ推移で、やや難しめの推移ではないかと見ています。

 

トレード結果

第1手法、第2手法です。

 


簡単ではなかったでしたが、しっかりと利益を取れました。

 

3月22日の利益 +58,500円

3月の総利益 +683,000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る