2021年5月7日 FXトレード実践結果

2021年5月7日の相場の動き

下落転換となりました。

 


 

危惧していたように、久しぶりに雇用統計で、大きく動いてきました。

ネガティブサプライズで、短い時間での約1円の下落、面食らったトレーダーも多くいたでしょう。

個人的には、長らく見てこなかった動きですので、懐かしさのような感じも受けました。

 

このような動きは、1年に数回あってもおかしくはありません。

今回は、雇用統計というわかりやすいイベント時に起きましたが、なんの前触れもなく急激な動きが出ることもあります。

普段からのリスク管理というのは、重要であるということが認識できたはずです。

 

1週間を振り返ります。

 


 

三角保ち合いからのお手本のような動きが学習できた1週間でした。

拡大→収縮→拡大、という流れをチャート形状から学べたということです。

値動きの推移は人間の心理が出ています。

形状だけ考えるのではなく、値動きからどう捉えていくかということを念頭に置いて、実践を繰り返していきましょう。

 

相場展開の予想

一気に下落転換となったことで、下落をそのまま狙っていきたいところです。

週の終値は膠着状態でしたが、週明けの動きには注目です。

窓開けから始まれば、上昇でも下降でも、埋めていく動きになるのではないかとイメージしています。

基本的には上がったら売るというスタンスでいきます。

注目のラインは、108.75円付近です。

ここらへんを上抜けると、一時的に上昇が強くなる可能性があります。

 

トレード結果

第1手法、第2手法です。

 


大きな流れの展開予想は当たってはいたものの、実トレードは、それほどうまくはいきませんでした。

 

5月7日の利益 +50,000円

5月の総利益 +135,000円

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る