FXで手法よりも心理面や資金管理を重要視すべき理由がこれ

FXで手法よりも心理面や資金管理を重要視すべき理由がこれ

FXでは手法やロジックなどの方法論的なことに目が向いがちです。

確かにトレード手法が確立されていなければ勝つことは出来ません。

しかし、マーケットは変幻自在で優位性のある手法があっても、負ける時が必ず存在します。

これは、どんなに優れた手法でも避けることは出来ません。

 

負けても再起不能にならない

 

トレードで100%の勝率というものはありません。必ず負けは発生します。

その必ず発生する負けの際に、立ち直れない負けをしないことが、マーケットで生き残るために非常に重要な要素となります。

つまり、負けが込んでもトータルで勝つ状態を維持していくことを意識すべきです。

勝ちを積み上げてきてたのに、レバレッジを掛けすぎてたった1回の負けで資金を失い退場するのは、珍しいことではありません。

勝つ方法にどうしても視線が向きがちですが、損切りやリスク管理をきちんとしておくことは、手法以上に重要なことだと言えます。

初心者に限らず、どうしても勝とうという気持ちが先行し過ぎて、資金管理面がおろそかになるトレーダーが多くいます。

連敗してもマーケットからの退場にならない資金管理を意識するべきです。

 

メンタル状態がトレードの選択肢を左右する

 

また、感情的になり冷静な判断が出来なくなると、本来避けられたはずの損失を出してしまうこともあります。

例えば、どんなに実力のあるスポーツアスリートの選手がいても、ネガティブな考えを常に持っていたら、実力の半分も出せずに試合では負けてしまいます。

その一方で、モチベーションや冷静さを試合中に維持できる選手は、実力以上のものを発揮でき、競った場面では特に強さを発揮します。

スポーツとFXはやることも違いますが、メンタル部分が弱いと感情的なトレードになりやすく失敗のトレードを数多くしてしまう恐れがあります。

特にFXではお金と直結したものですから、メンタルが不安定ですと、プレッシャーや恐怖心に負けたり、また、欲望が強すぎて失敗する可能性が高くなりがちです。

メンタルは目に見えない部分であり、鍛えにくい部分ではあります。

デモトレードで、目先の結果を気にせずに継続的に練習を積み重ねて、リアルトレードでも同じような結果が出せるように地道に数多く経験を積むようにして研鑽していきましょう。

 

すぐに稼ぎたいという短期的な欲求にかられがちですが、正しい行動をとることを目的にして意識することが良いトレードになり、結果的に利益を出すことにつながっていくものです。

ぜひ、参考にしてください。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る