移動平均線 2 2本の移動平均線による分析


2本の移動平均の分析法とは、

期間が短く動きの早い移動平均線と、期間が長く動きの遅い移動平均線によって、

2本が描くラインによって分析する方法です。

 

2本の移動平均線が交差するポイントによって売買サインを示し、

2本の動きによってトレンドのベクトルを示します。

 

一般的には短期は25日期間あたり、長期は75期間あたりを使うことが多いですが、

スキャルピングなどの短期の場合は、5期間・20期間あたりで分析している方もいます。

 

短期移動平均線>長期移動平均線の交差ポイントをゴールデンクロスといい、

これが発生したら買いサインと言われています。

 

逆に短期移動平均線<長期移動平均線の交差ポイントをデッドクロスといい、

これが発生したら売りのサインとされています。

 

ma2

 

ダマシもあるのですが、テクニカルの基本として、知っておくべき分析法です。

テクニカル分析をメインとしているトレーダーは、

移動平均線を使わない人はあまりいないのではというほどよく使われます。

 

 

 

 

FXのテクニカル分析(チャート)の最新記事8件