ストキャスティクス

ストキャスティクスは、その時の終値があ一定期間の最安値からみて、

どの程度の位置にあるかで、買われすぎ、売られすぎを見るテクニカルです。

 

相場の行き過ぎを見るので、逆張りに非常に有効になります。

 

ややこしい説明はしないで、単純に説明します。

ストキャスティクスには3つあります。

%K=短期線 %D=中期線 %SD=長期線

この分け方でいいと思います。

 

3種類とも、基本的には70~80%以上が買われすぎ、20~30%が売られすぎ

と言われています。

 

このストキャスティクスを好んで使う人は、単独ではなく、2本を組み合わせて使うことで売買を判断します。

 

買いゾーン(30%以下)で%Kが%Dを下から上に抜けたら買い

売りゾーン(70%以上)で%Kが%Dを上から下に抜けたら売り

これをファストストキャスティクス呼ばれます。

 

ただし、%Kと%Dの比較だと乱高下が激しく、ダマシが多いので、

 

買いゾーン(30%以下)で%Dが%SDを下から上に抜けたら買い

売りゾーン(70%以上)で%Dが%SDを上から下に抜けたら売り

スローストキャスティクスと呼ばれるこちらを使うことが多いです。

 

stochas

 

 

 

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る