FXトレードの基本(株式投資との違い)為替取引とは?

FXとは 基本のキその2

投資と言えば、株式が頭にはじめに浮かんでくる方が多いと思います。

もちろん、株式の取引は馴染みの深いものでもあるので、

その投資をすることに異論はないのですが、

FXは株式と比べて有利な点がいくつもあります。

それが、選択と時間です。

 

株式は4,000近くの銘柄から選択して取引を行いますが、

FXは、多くても数十種類です。

特にメジャーな通貨ペアならば10通貨も見ていれば十分です。

迷う必要が全くありません。

 

さらに大きな違いが、取引時間です。

株のトレードは、基本的に、午前9時~11時半、午後12時半~15時と決められています。

日中に働いているサラリーマンは、とてもじゃありませんが、トレードは不可能です。

対してFXは24時間営業です。

自分の好きな時間、空いた時間にトレードができます。

 

また、FXと同じような投資として外貨預金も思い浮かびます。

 

ですが、外貨預金は預け入れる時、引き出す時にかなり高い手数料が取られます。

おおよそ1ドルに付き1円。わかりやすく、1ドル100円とすると、

往復2円、2%の手数料を支払っていることとなります。

これでは、外貨預金のメリットが失われかねません。

 

取引時間は、外貨預金は9時から15時と株式とほぼ同じです。

FXは上記の通り、24時間でした。

 

また、外貨預金の金利は高いものがありますが、

金利収入でもFXは有利な点があります。

スワップポイントという通貨の金利差を受け取ることができます。

金利の低い日本の円を売って高い通貨を買えば、その差を毎日受け取ることができます。

 

そして、最後に、最大の違い、レバレッジがあります。

自己資金よりも大きな資金でトレード出来るということです。

このレバレッジは国内の業者なら最大25倍、国外なら、数百倍で行うことができるので、

小資金でのトレードが可能になります。

まさに投資商品としてうってつけというわけです。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る