FXトレードの基本(ロットとレバレッジ)とは?

FXとは 基本その4(ロットとレバレッジ)

ロット、何となく聞くとわかりそうな感じがありますが、要は取引単位のことです。

株を何株買うかと一緒で、どれくらいの通貨量を取引するかということです。

 

特に難しいことはありませんが、注意する必要事項が一つだけあります。

1ロットという単位は、FX業者によって異なることがあります。

大抵は1万通貨だったりするのですが、10万通貨や1000通貨のこともあります。

 

このロットとpipsを組み合わせることで、金額の変動がわかります。

米ドル円なら、1万通貨でトレードして、1pips動けば100円の動きになります。

1000通貨なら1pips=10円です。

当たり前ですが、同じ1pipsでもロットによって金額は変わってきます。

このロットを調節することで、自分の資金量に合わせてリスクをコントロール出来ます。

 

レバレッジは、投資でFXをやる上で、欠かせないルールです。

簡単に言えば、投資資金以上に資金を掛けられるということです。

ただ、借金をしているのではなくて、後日述べる証拠金として担保をした上で取引していきます。

国内業者は自己資金の25倍まで、海外業者はなんと1000倍近くまで取引できます。

例えば、1ドル100円時に資金10万円で取引しようとする時に、

通常は10万円÷100円=1000通貨までしか取引できません。

しかし、レバレッジが25倍あるとすると、

10万円×25倍の250万円資金があることになり、

250万円÷100円で25000通貨まで取引が出来ます。

ですので大きな利益が望めるということです。

 

レバレッジは、テコの原理とも呼ばれ、まさに小さな力で大きなものを動かすという理論です。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る