FXトレードの基本(証拠金・マージンコール・ロスカット)とは?

FXとは 基本その5(証拠金・マージンコール・ロスカット)

証拠金とは、前回解説したレバレッジを掛けてトレードするための担保みたいなものです。

国内業者ならトレードするためには、4%の証拠金が必要です。

 

マージンコールは、ポジションを持った後に、含み損となり、

証拠金残高が、ある基準を割り込んだことを投資家に教えるシステムです。

投資家にメールなどで連絡がいきます。

私はかつて、大きな損切りを経験した時に、電話で直接連絡がきました。

業者にもよりますが、100%を下回ると取引画面などにもわかるように警告が出ます。

 

強制ロスカットは、マージンコールが発動されても放置して、証拠金が更に減った場合に、

業者が強制的にポジションを決済してしまうシステムです。

証拠金が無くなってしまうので、ここらへんで決済をしておきましょうというものです。

こちらも業者によりますが、50%を下回るあたりから強制ロスカットが発動します。

私も何度もお世話になりました(汗)

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る