一目均衡表の開発者「細田悟一」とは?

一目均衡表の開発者「細田悟一」とは?

一目均衡表は、漢字で命名されているとおり、日本を代表するテクニカル分析です。

一目で均衡が分かるということで命名されました。

MT4にもデフォルトでインジケーターが実装され、世界の多くのトレーダーも注目、使用されています。

開発者は、一目山人ですが、これは、ペンネームで、細田悟一というのが本名です。

 

若い頃から相場師だった

 

1898年に山口県で生まれ育ち、現在の東京新聞(都新聞)の株式や商品市場の担当記者として勤め、商況部長まで昇進しています。

新聞では、ありますが、当時は、現在の日経新聞のような役割をしており、細田悟一のコラムは、かなり信頼のおけるものでした。

相場に関わり始めたのは、なんと12歳の頃からと言われ、幼い頃から、相場と対峙してきています。

 

一目均衡表は生涯をかけた最高のテクニカル分析?

 

一目均衡表は、相場の極意を手に入れたいと私設の研究所を作り、7年の歳月と2000人余りの人手をかけて作った相場分析の集大成です。

手始めに、1935年に発表はされているのですが、作図方法は、内密にされていました。

 

この頃は、まだ他の国でもまともなテクニカルが開発されていませんので、そのスゴさを感じぜずには、いられません。

 

その後、相場分析の的確さが評判になり、1950年に3人のみに伝承し、10年間公表しないということで、多額の報酬を受取ったと言われています。

約20年後の、1969年に一目均衡表7部作が次々と出版され、一般人にも公表され、そのブームを引き起こし、現在に至ります。

 

1983年の85歳で生涯を閉じ、横浜にある墓地が存在しています。

一目均衡表の解釈は、実はかなり難しいのですが、次回、簡単に見方を解説していきます。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る