「FXはやめとけ」という人がいる理由とは?

「FXはやめとけ」という人がいる理由とは?

私は、今となってはFXをしていることを多少仲の良い友人には話していますが、昔は頑なに伏せていました。

いまでも聞かれなければ答えませんし、あまり込み入った話はしないようにしています。

その理由は、「FXは危険」「FXなんてギャンブルだ」

といった誤ったイメージのことを話されるからです。

では、どうしてそのような勘違いをしているのでしょうか?

 

FXトレードを忠告するその思うところは・・・

 

なぜ、「FXトレードをやらないほうがよい」と言われるのでしょうか?

これは、実は、FXをやりもしないでイメージ的に危険とか、やってはみたものの、かじった程度でトレードの学習もろくにせずに、損失を出してすぐにやめてしまったという人が多いからです。

よく、「利益が出せない」というようなことも聞きますが、もし、本当に利益が出せないようなものであれば、とっくにのうちに、FXは話題すら上らず市場が縮小してくるはずです。

ですが、そのようなことは御存知のとおりありません。

本当の理由を以下に述べていきます。

 

リスク管理が出来ずに損失を出す

まさにギャンブルトレードをして、自滅していく人がいます。

レバレッジ取引により、元手資金より多くの取引ができるので、一攫千金を狙ってしまい、退場していくトレーダーが非常に多いです。

 

安定したトレードが出来るようになってから、レバレッジは引き上げていくべきでしょう。

 

ストレスが大きい

トレードをやっているとわかりますが、ポジションを持つとスプレッドの関係上、含み損からのスタートになります。

この含み損を見ていると、居ても立っても居られない気分になるものです。

特に大きな資金を注ぎ込んでいる時には、マイナス表示が長時間続けば生きた心地がしないものでしょう。

 

リスク管理にも関係しますが、余剰資金でトレードをするということは、非常に大事なことです。

 

100%を求めている

FXをやるのに、絶対に損失を出したくないという気持ちが強すぎる人がいます。

これは、FXに限らず投資全般に言えることですが、利益を出せることもあれば、損失を出すこともあります。

大事なことは、一つ一つのトレードの勝った負けたよりも、トータルで利益を残せるかどうかの一言に尽きます。

銀行の普通預金でさえ、銀行が潰れれば、お金は一部しか帰ってきません。

物事に確実性があるものはない、ということも理解しておきましょう。

 

FX自体が悪いことはない

 

FX投資が悪いというのは、ただの偏見です。

包丁は、料理に使う欠かせない道具の一つですが、一つ間違えば、凶器になりえます。

使う人によって、生活を豊かにするものでもあるし、生活を苦しくさせるものでもあります。

仕組みをきちんと理解し、学習していけば、FXは危険ということはありません。

 

また、口座を開けば誰でも勝てるというわけではありません。

どの分野も最低限の勉強は必要でしょう。

料理、車の運転、資格、趣味、仕事全般などなど、私達は、すべてのことにおいて、学びや実践を得て現在に至っています。

FXも例外ではないことを認識しておきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る