FXトレードの基本(株式投資との違い)為替取引とは?

FXとは 基本のキその2

投資と言えば、株式が頭にはじめに浮かんでくる方が多いと思います。

もちろん、株式の取引は馴染みの深いものでもあるので、

その投資をすることに異論はないのですが、

FXは株式と比べて有利な点がいくつもあります。

それが、選択と時間です。

 

株式は4,000近くの銘柄から選択して取引を行いますが、

FXは、多くても数十種類です。

特にメジャーな通貨ペアならば10通貨も見ていれば十分です。

迷う必要が全くありません。

 

さらに大きな違いが、取引時間です。

株のトレードは、基本的に、午前9時~11時半、午後12時半~15時と決められています。

日中に働いているサラリーマンは、とてもじゃありませんが、トレードは不可能です。

対してFXは24時間営業です。

自分の好きな時間、空いた時間にトレードができます。

 

また、FXと同じような投資として外貨預金も思い浮かびます。

 

ですが、外貨預金は預け入れる時、引き出す時にかなり高い手数料が取られます。

おおよそ1ドルに付き1円。わかりやすく、1ドル100円とすると、

往復2円、2%の手数料を支払っていることとなります。

これでは、外貨預金のメリットが失われかねません。

 

取引時間は、外貨預金は9時から15時と株式とほぼ同じです。

FXは上記の通り、24時間でした。

 

また、外貨預金の金利は高いものがありますが、

金利収入でもFXは有利な点があります。

スワップポイントという通貨の金利差を受け取ることができます。

金利の低い日本の円を売って高い通貨を買えば、その差を毎日受け取ることができます。

 

そして、最後に、最大の違い、レバレッジがあります。

自己資金よりも大きな資金でトレード出来るということです。

このレバレッジは国内の業者なら最大25倍、国外なら、数百倍で行うことができるので、

小資金でのトレードが可能になります。

まさに投資商品としてうってつけというわけです。

 


昨日の相場の動き

レンジ相場となりました。

 

 

なんだか動いたように見えますが、上下幅20pipsほどです。

こんなもんでしょうかね。

今年は、年初に動いてから、動きらしい動きが少ない米ドル円でした。

これも仕方なしです。

 

相場展開の予想

突発的な動きはあるにしても、このレンジの姿勢は崩れないかと思います。

もう店じまいして今年のトレードは辞めたほうがいいかも知れませんね。

 

トレード結果

第一手法のみです。

 

 

見せるのも恥ずかしい結果です。

 

なお、トレードは多少やると思いますが、次の更新は、年明けの7日になると思います。

今年はゆっくりと休むというのと、パソコンの入れ替えなどもする予定ですので、

1月の最初の週の更新はおそらくしない感じです。

その前にアップできればやりたいと思っています。

私から現在学んでおられる方は、いつものサポートよりも遅くはなりますが、

2~3日中には返信出来るとは思います。

 

今年も色々とありがとうございました。

来年もきちんと資産形成を出来るように頑張っていきましょう!

 

12月27日の利益 +1000円

12月の総利益 +448,500円