知らないと損する「日本の税金」の仕組み

知らないと損する「日本の税金」の仕組み

国民の三大義務というのは学校の勉強で覚えているでしょうか?

「教育・勤労・納税」の義務です。

私達は、長年に渡っていろんな勉強をしてきましたが、納税の義務があると言いいながら、税金の勉強を習ったことがあるでしょうか?

 

例えば、給与から天引きされるものってわかりますか?

答えは、所得税・住民税・健康保険・厚生年金です。

これらをきちんと回答出来る人は、サラリーマンでもそういないはずです。

しかし、答えられないのも当然です。

税金の仕組みについて教えられてこなかったのですから。

 

日本はそのパワーが薄れてきたとは言え、学歴社会はまだまだ存在しています。

大きな都市では、「良い中学校や高校に入って、いい大学に入学して、それなりの企業に勤める」

これが安定して一番であるという風潮が未だにあります。

これは洗脳されていると言ってもいいでしょう。

その洗脳で、無意識に納税させられていて、国に安定した税収を献上しているのです。

国もそれがわかっているので、「税の勉強は習得させない」という考えも浮かんできても、おかしくはないでしょう。

 

働き方改革で副業は推進されていますが、なぜ副業はOKで起業したフリーランスに関しては、言及しないのでしょうか?

これもサラリーマンという立場を残して、無自覚のまま納税させるというスタンスを取り続けたい表れではないかと勘ぐります。

 

税金の法律は戦後すぐに制定されたものです。

確かに源泉徴収による、知らぬ間による税収で国の成長はしてきました。

ですが、令和の時代にこれらの法律が現代に通用させるというのもおかしな話です。

軽々しく法律を改定するのはよくないかもしれませんが、このように税金一つとっても首をかしげるものは多くあります。

「きちんと税金に関する知識を教えて、きちんと納税する」

お金の勉強もしっかりと教育してもらいたいものです。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る