社内にしか視野がない人・社外にも視野がある人の違い

社内にしか視野がない人・社外にも視野がある人の違い

同じ会社員として働いていても、年収が高い人とそうでない人と年数が経つにつれて分かれてきます。

これは、才能が違うからでしょうか?

 

いいえ、違います。

これは、仕事やキャリアに対しての考え方の違いで変わってきます。

その考え方にはいくつかポイントとなるものがあります。

 

1.市場ではどんなことが起きているのか?

2.どんな人が引く手あまたとなり、採用されやすいのか?

3.どの分野でもどこでも通用するスキルは何か?

 

これらを考えていきます。

つまり、視点を社外に移動させるということです。

 

逆に、社内ばかりに目先がいっていると、

長く会社にいるから偉いというような勘違いをして、社外に出たら通用しない人間になっていたり、

社内独自のルールを遵守しすぎることによって、その分野、業界、社外のルールに全く適応できない、

ということになりかねません。

結果、視野が狭い会社人になり、現在勤めている会社にしがみつくような人生を送るということになってしまいます。

もし倒産や解雇された場合は、潰しも何もきかないため、再就職や転職はかなり厳しくなるでしょう。

 

このようにならないためにも、情報を常に仕入れ、アンテナを張っておくことです。

一番簡単なのは、転職サイトや転職エージェントに登録することです。

これらに登録するだけで、

 

マーケットは現在どんなことが主流で何が起きようとしているのか?

どのような人材がこれから求められているのか?

今自分はそのレベルに達しているのか?

というようなことがわかります。

これは、転職する・しない、に関わらずトレンドを知るということで、やっておいた方がいいでしょう。

 

社会の流れは以前と違って、かなり速いスピードで流れています。

少し前までは常識だったものが、今では非常識になるということも大げさではありません。

時代に取り残されないように、社外にも常に目を向けて取り組むようにしていきましょう。

そうやって、自分の市場価値を高められれば、自ずと転職もしやすいですし、声もかかる状況を作り出せます。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る