マジか・・・。年収1000万でも言う程『裕福』ではないらしい。。

マジか・・・。年収1000万でも言う程『裕福』ではないらしい。。

年収、1000万円。憧れますよね。

いい響きです。

どんな人でも、この区切りのいい1000万円というのは、まずは、目指していくところです。

 

2018年度の給与が1000万円を超えるのは、4.5%ほどでした。

20人に一人と考えると、それほど珍しくはありません。

そこらへんにゴロゴロいるという感じです。

 

ただし、実際は年収1000万円という高収入でも裕福な生活というわけではありません。

贅沢をすれば、あっという間に無くなります。

 

年収1000万円とは言えども、手取りは約750万円程です。

様々な税金で持っていかれるというわけなんです。

ちなみに年収800万円程度の家庭では、手取りは約620万円ほどです。

その差は130万円ほどです。

ですので、1000万円というと、キリはいいですが、

年収1000万円以下に抑えるというのが、税金面から言うと、お得ということになります。

 

もちろん、平均給与が450万円ほどということを考えれば、

これだけあれば普通の暮らしは出来ますので、十分ですが、収入が上がると支出も増えます。

 

ということを考えると、後々を考えてやはり稼ぐ仕組みづくり、

FXなどの少額投資をコツコツやっておくというのは賢明ということになります。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る