「MT4」と「トレーディングビュー」を徹底比較

「MT4」と「トレーディングビュー」を徹底比較

FXチャートソフトの基本とも言える「MT4」と利用者を増やし続けている「TradingView(トレーディングビュー)」、どちらが使いやすいのか?というところは気になるところです。

今回は、MT4とトレーディングビューを比較してみて、じっくり見比べられるよう一覧表を作成しました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

FXチャートの基本ソフトとも言うべきMT4

 

新興勢力のトレーディングビューよりも、古くからFXトレーダーに親しまれてきたMT4は、世界中のトレーダーが開発したカスタマイズされたインジケーターが無数に存在しています。

そして、自動売買が簡単に使用できるというのも魅力の一つでしょう。

主だった本やセミナーでの解説は、MT4のチャートで解説されることも多く、FXをやっていれば、今のところは、必ず通るツールと言っても過言ではないでしょう。

 


 

総合の金融プラットフォームと呼べるTradingView(トレーディングビュー)

 

デフォルトのインジケーターは100種類もあり、初級者から上級者まで納得できる作りになっています。

web上で使用できるので、一旦自分好みのチャートを作成してしまえば、他のPCやスマホなど、端末を変えても同じテンプレートで分析が可能です。

そして、SNSで世界中のトレーダーと交流出来るという、現代ならではの機能も備わっていて、これからも利用者を増やし続けていくことでしょう。

 


 

MT4とTradingView(トレーディングビュー)の比較一覧

 
機能MT4トレーディングビュー
ツールタイプインストールクラウド
インジケーター約50種約100種
描画約30種約50種
時間足9種13種
チャートのタイプ3種12種
画面分割無制限8画面まで
アラート機能起動中起動なしでもOK
インジケーター自作可能可能
自動売買可能基本× カスタマイズが必要
板の情報なしあり
スマホありあり
チャートリプレイ機能なしあり
SNS機能なしあり
連携FX業者多い少ない
 

主だったところを解説します。

 

ある条件になったらアラートを知らせるというアラート機能は、MT4では、起動中もしくはVPS上で動かしっぱなしでないとダメでしたが、トレーディングビューでは、サーバーアラートになるため、起動させていなくても大丈夫です。

自動売買に関してはMT4に軍配が上がります。

市販されている自動売買システムも数多くあり、選択肢も非常に多いです。

 

トレーディングビューは、FXのみならず、先物や株式、指数なども表示でき、その板情報も取得することが出来ます。

株式などでは、スクリーニングして銘柄を抽出したりしますが、その機能もトレーディングビューにはあります。

 

また、チャートのリプレイ機能は、過去の値動きを再現してデモトレードやバーチャルトレードを行うことが出来ます。

値動きを体感出来るというのは、リアルトレードに近い感覚ですので、使ってみる価値はあるでしょう。

 

MT4とTradingView(トレーディングビュー)どちらが使いやすいのか?

 

総合的にみると、トレーディングビューの方が出来ることが多いので、そちらのほうが良さそうですが、無料プランですと制限がかけられている、もしくは、出来る数に制限がかかっているものもあります。

また、MT4は長年使い慣れている安心感もあるでしょう。

 

どんなにカスタマイズ出来ても、チャートの見やすさというのは、人それぞれです。

MT4やトレーディングビュー以外のチャートソフトの方が、見やすいということもあるでしょう。

分析・研究・そして、実践する時に分けて使うということも出来ますし、マルチディスプレイならば、同時に表示させて見るということも出来ます。

色々と試してみて、環境を整えてみてください。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る