「トレーディングビュー」でバックテストをする方法

「トレーディングビュー」でバックテストをする方法

トレーディングのアイデアは、過去チャートを使用したバックテストが必要です。

有料ソフトのものもありますが、今回は「Tradingview(トレーディングビュー)」を使用した、無料での自動表示の機能を使った方法を解説します。

 

検証ソフトには問題があるときがある

 

バックテストをする時に、大きな問題が潜んでいるときがあります。

それが、検証ソフトと実際のチャートの一貫性がないことがあることです。

あるローソク足の陽線や陰線の幅が違う、そもそも陽線で有るべきところが陰線になっている、

などということがあるのです。

 

これは、ソフトのミスやバグではなく、過去チャートの取り込み具合によって違うことから生じる事象です。

ソフトでは、過去チャートを作成するのに、過去チャートのデータをFX業者から取り込みます。

ですが、取り込んだ時のデータの正確性が悪いと、実際とは違うチャートが出来てしまうのです。

ちなみに古ければ、古いほど正確性は悪くなります。

 

Tradingview(トレーディングビュー)を使用したバックテストのやり方

 

Tradingview(トレーディングビュー)では無料プランでも、5000本のローソク足分の過去チャートが自動でリプレイされる機能が付いています。

この機能を使用するには、無料プランでも登録が必要ですので、登録を済ませておいてください。

 


 

上部のメニューバーの「◁◁」をクリックすると、新しくツールバーがポップアップされます。

チャート上には縦の赤い太線が表示されます。

この縦線をバックテストを、開始したいところまでスクロールしていき、クリックすると、右側のチャートが消えて、チャートが詰められます。

 


 

新しく出たツールバーの「▷」を押すと、自動的にローソク足が形成されていきます。

スピードも変更できますし、一時停止も出来ます。

また、ローソク足1本ずつ動かすことも可能です。

 

注意したいのは、過去チャートは正確でも有料ソフトと違い、トレードの結果などが記録されません。

それでもトレーディングアイデアや検証などに、十分に使用する価値はあると思います。

意外と便利な機能ですので、参考にしてみてください。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る