FXの「自動売買」に頼る人の思考回路とは?

FXの「自動売買」に頼る人の思考回路とは?

裁量のトレードで利益が出せないので、自動売買ソフトに手を出すというトレーダーが多くいます。

しかし、このブログでも記事にしましたが、自動売買ソフトで簡単に勝てるようになることは、まず、ありません。

とにかく楽に稼ごうとして安易な気持ちで手を出してしまっているといってもいいでしょう。

そして、稼げずじまいになってしまいます。

トレーダーも立派な仕事の一つですから、最初から簡単に大きく稼げるという確率は少ないです。

自動売買に頼りたくなる気持ちは心の奥底にしまっておくべきです。

 

自動売買のメリットは機能しないのか?

 

自動売買には、様々なメリットが存在します。

ただ、楽をしたいからだけで、手を伸ばしているだけではないでしょう。

そのパフォーマンスだけでなく、メリットがあるから導入している人もいます。

であ、そのメリットと呼ばれているものが正しい考え方なのか考えていきます。

 

プロが使っているプログラムを使用できるから自動売買を使用する

よく販売ページの宣伝文句に出てくる文言です。

裁量の手法を教えて実践する時は、多くの人数に教えようが、トレーダーごとの環境で、タイミングのズレが生じます。

しかし、自動売買の場合、基本的に購入した人全員が、同じタイミングでエントリー、決済することとなります。

となると、販売者にはメリットは、なくなる可能性があります。

なぜなら、FXでは、勝つ人がいれば負ける人がいる、いわゆるゼロサムの世界だからです。

 

もし、そのプロのトレーダーが使用しているとして、販売されているならば、おそらく、それはもうマーケットでは使えないシロモノになっているのではないでしょうか?

システムトレードは、プロでも使用しますが、莫大な資金うちの一部分だったり、マーケットの状況に応じて使い分けたり、細かく調整しています。

そういう意味で、プロが使用しているうたい文句というのは、鵜呑みにできないというわけです。

 

機械的に利確・損切りをやってくれるから自動売買を使用する

これは、確かにあると思います。

メンタル部分が邪魔をして、利益は早く確定して損切りは遅れて損失拡大させてしまう、「損大利少」になってしまうトレーダーにおいては、有効のように思えます。

しかし、利確・損切りをしっかりとやってくれるからと言って、勝ちにつながるのかというと、そういうわけではありません。

 

利益が明らかに伸ばせそうな時には、利確してしまいますし、損切りもキッチリ損切りしてくれるだけで、連敗や一回の負けが大きければ意味がありません。

自動売買システムの成績が以前の記事に書いたように信用出来ない以上、確実に資金を減らしていくシステムとも言える可能性もあるということです。

 

チャートに張り付かなくてもいいから自動売買を使用する

「一回セットさえすれば、後は何もしなくてもよい」という、うたい文句があります。

これも確かにそのとおりです。

しかし、どうでしょうか?

どんな取引をしているかわからない、ロジックが不明の自動売買システムを販売しているところなら、逆に気になって仕方がなくなるのが普通ではないでしょうか?

間違いなく負けにくいロジックならともかく、現状販売されているものほとんどが、そうでない以上、信用は出来ないということならば、私なら気になって仕方がありません。

空き時間に必ずチェックする悪習慣がついてしまうかもです。

 

スキルを上げてから使用するべき

 

自動売買を使用する、使用しない、どちらにせよ、結局は自分自身の判断で資金の増減は決まってきます。

使いこなせるようになるまでは、ある程度スキルを上げておくべきです。

スキルが上がってきて、システムをどこで使い、どこで使わないようにするのか?

ということを判断できるようになってからでも遅くはないでしょう。

 

相場観を養い、その流れを何となく、つかめるようになってから使用すれば、大きな武器になります。

来るべき時がきたら購入の検討をしてみる、ぐらいで考えておきましょう。

 

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る