日々の相場解説・実績を公開してます。

リスク管理 自動ロスカット


マージンコールが発動されても放置し、証拠金がどんどん減っていった場合、

業者が強制的にポジションを決済してしまうシステムが自動ロスカットです。

 

「これ以上このポジションを持っていても損失が膨らみ、

やがて証拠金がなくなってしまうので、ここらでやめておきましょう」

ということで業者が勝手にポジションを決済してしまうのです。

losscut

 

余計なお世話なのですが、

マージンコールにせよ、自動ロスカットにせよ、これらはよく考えると投資家の資金を守るためのシステムとも言えます。

仮にこれらのシステムがなければ、いつの間にか証拠金がなくなって、ゼロ円、

最悪の場合、急激なレート変化で借金まで背負わされることさえあります。

 

もっとも、これらのシステムを発動させずにリスクコントロールできれば、

それに越したことはありません。

というかそうなるように努力しなければいけません。

ただし、もしもの時の保険としてこういったシステムが有ることも立派なリスクコントロールの一つとなります。