FXの「リスクリワード」の考え方

FXの「リスクリワード」の考え方

利益が出せるトレード手法を手に入れようと、私達は血眼(ちまなこ)になって本や雑誌、ネットなどから情報を入手しようとします。

あなたは、その時にどういう基準で良い手法と判断するでしょうか?

今回は、FXで利益を出すための秘訣とも言える「リスクリワード」について解説します。

 

勝率が高い方が良い手法なのか?

 

あるセミナーで参加特典ということで、手法のプレゼントがありました。

目の前に、勝率40%の手法と勝率80%の手法があるとします。

 

あなたは、どちらかの手法がもらえるとしたら、どちらを選択するでしょうか?

おそらく、十中八九、勝率80%の手法でしょう。

 

さて、手に入れた、この勝率80%のロジック、実際試してみると、確かに10万円投資したところ、11万に増えて利益が出ました。

バッチリ利益は出せました。

 

一方、勝率40%の手法を手に入れた、他のトレーダーは、どうかというと、実は、こちらも11万円に増えていました。

勝率が低い手法もきっちりと利益を取ることが出来ています。

 

トレードではリスクリワードの考え方を意識する

 

FXトレード初心者さんならば、頭が混乱してしまいますね。

このカラクリは、平均利益と平均損失の関係です。

 

勝率80%の方は、獲得pipsが少なくて、損失pipsが大きく、

勝率40%の方は獲得pipsが大きくて、損失が少ない、

このために、勝率に差があっても、利益額が同じということだったのです。

 

勝率80%の方は、コツコツドカン型のため、思ったほど、利益を伸ばせなかったということになります。

この、1回のトレードの利益と損失の比率のことを「リスクリワード」と言います。

 

もし、ロジックの優劣を判断したい場合、リスクリワードを考慮した、「リスクリワードレシオ」というもので、優良なロジックかどうかを判断します。

 

リスクリワードレシオ=1トレードの平均利益÷1トレードの平均損失

これが、1を上回っていれば、損小利大、下回っていれば、損大利小のロジックということになります。

 

例えば、

①平均利益が10pips、平均損失が20pipsの場合は

RRR=10÷20=0.5

 

②平均利益が20pips、平均損失10pipsの場合は

RRR=20÷10=2

となり、②のロジックの方が優秀となります。

 

トレード日誌などをつけて、自分のトレードの改善のヒントを探っていく際には、このリスクリワードを必ず意識していくようにしましょう。

 

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る