「金持ち父さん・貧乏父さん」両者の違いの本質とは?

「金持ち父さん・貧乏父さん」両者の違いの本質とは?

仕事のお金の流れは4つに分解されます。

従業員、自営業、オーナー、投資家、という分類です。

どんな人でもこの中のどれかに属してお金を生み出しています。

 

従業員・・・お金を給料として会社からもらっている状態

自営業・・・お金を自分で稼いで自分を養う状態

オーナー・・ビジネスを立ち上げて権利収入を得ている

投資家・・・お金を様々な投資対象に投資する

 

多くの人がサラリーマン、従業員として働いています。

この区分に属していれば、働けばお金はもらえますが、働いた分しかお金はもらえません。

収入に限度があります。

 

自営業は、 給料は一定ではなく、働き方によっては、多くの報酬をもらうことも可能です、

ただ、自分が働かなくなると、収入はゼロになります。

 

オーナーは、時間に対しての報酬は多く、働き具合から得る報酬の大きさは自営業の比ではありません。

収入を得る仕組みを作り出せば、自分がいなくてもビジネスは働き続けます。

 

投資家は、お金を提供することで報酬を得ています。

不動産や配当金、他の会社やベンチャーに出資することなどでお金をさらに手に入れます。

 

この4つの区分はクワドラントと呼ばれ、「金持ち父さん、貧乏父さん」で紹介されています。

 

ここで注目すべき点は、左側(EとS)と右側(BとI)の大きな違いです。

左側は、自分が働き自分が倒れれば収入が無くなりますが、

右側は、契約している社員や働き手、お金が勝手に稼いでくれている状態です。

この右側と左側には大きな隔たりがあります。

 

もうおわかりでしょうが、本当のお金持ちになりたければ、右側を目指せということです。

ただ、右側ハードルはなかなか大きいものがあります。

軌道に乗るまでのリスクや多額の資金が必要な場合もあります。

 

まずは、ハードルの低いBとIから始めてみるのがいいのかもしれません。

もちろん、右側が正しいというわけではなく、左側で稼ぎ出すことも可能です。

プロのアスリートは左側ですし、専門職と呼ばれる方も基本的に左側です。

どこにいるかではなくて、どのようになりたいのか?

ということを明確にして、目指す場所を決めていきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る