お金が貯まらない「貧乏になりやすい人」の行動には共通点があった

お金が貯まらない「貧乏になりやすい人」の行動には共通点があった

お金持ちは、たくさんお金を持っているからお金持ちと思われがちですが、収入が多くなくてもお金が貯まる人もいますし、収入があってもお金が貯まらない人もいます。

お金が集まる人にはよりお金が集まり、お金がない人にはよりお金がなくなっていくという傾向があります。

では、お金が貯まらない人の共通点はどこにあるのでしょうか?

 

1.二言目には「お金がない」を連発する

基本的にネガティブ発言をしている人にはチャンスは巡ってきません。

言霊というのはあります。

口に出すぐらいなら、なにか考えて行動すべきでしょう。

 

2.お互いに慰め合う

グチを並べ立てお互いに傷のなめあいをしていないでしょうか。

お金がないことを肯定して、かばい合いをしていることは生産性が全くありません。

 

人間は現状が一番気持ちがいい、心地よい、と感じます。

時には厳しく言ってくれたり、批判してくれたりする人の方が、自分の成長を助けたりしてくれるものです。

出来ない項目を並べ立てるより一歩前へ抜け出す努力をしていきましょう。

そういう意味では人間関係の見直しも必要かもしれません。

 

3.無意味なお金の使い方をする

無駄なお金の使い方で挙げられるのは、ギャンブルや身の丈に合わない高級品です。

お金を持っている人ほど、見栄を張りません。

そのようなお金があれば、貯蓄や資産運用に回したほうが得だとわかっているからです。

そういう意味では、車やお金に必要以上にお金をかけることもないでしょう。

資産運用や学びにお金をかけていくことを日頃から考えるべきです。

 

4.無意味な時間を過ごしている

時間は、お金持ちもお金がない人も共通で1日24時間しかありません。

ですので、この時間の使い方で差が大きく出ます。

グチやダラダラした会話や時間、ゲーム、必要以上の息抜き、惰性で見るテレビやYou Tube

これらは緊急でもないですし、重要でもありません。

逆に、自己投資や人脈作りというのは、緊急性はないものの重要です。

今やっていることは、これから先にリターンがあるものかどうか、ということを考える必要があるでしょう。

使うべき所に時間は使っていきましょう。

 

5.学びを軽んずる

知識への投資というのは必須です。

お金を持っている人は共通して勉強家で知識に対して貪欲です。

勉強することは後に大きなリターンを生み出す可能性があるから学習するのです。

もちろん、ただ単に勉強するのではなく、正しい方向性の元に学習をしていきます。

自らのエネルギーと学習・行動によってお金持ちへの道が近くなっていくものです。

 

いくつか並べましたが、もし、これらに当てはまっていれば、それを正していき、きちんと行動に移していきましょう。

知っただけではお金持ちにはなりません。

行動することによって初めてその成果は表れます。

お金・知識・時間に対して意識的に行動改革をしていきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る