【Part1】MT4の使い方(FXトレードの基本操作)

MT4の基本的な使い方 その1

トレードツールには様々なものがあります。

FX業者、独自のチャートツールは、様々な機能があり、魅力的ですが、

ある程度経験があるトレーダーならば、世界中のトレーダーが使用しているチャートツール、

MT4は聞いたことがあることと思います。

今回からは、そのMT4の使い方を復習していきます。

 

 

画面の見方ですが、各部分と名称をまず抑えておきます。

「ファイル」「表示」などの一番上の部分は、「メニューバー」、

その下の2段のアイコンが表示されているものは、「ツールバー」、

チャートが表示されている部分は、「チャートウィンドウ」、

左の通貨ペアの表示部分は、「気配値」、

その下の口座情報が表示されている部分は、「ナビゲーター」、

一番下の取引履歴などが表示されている部分は、「ターミナルウィンドウ」、

と呼ばれます。

 

通貨ペアの表示は、左の上部部分、「気配値」から、

表示させたい通貨をドラッグアンドドロップするだけです。

現在表示されている通貨ペアに行うだけで置き換わります。

また、チャートウィンドウの中のチャートを消してからやれば、新たに表示されます。

 

チャートの拡大と縮小は、「ツールバー」の虫眼鏡アイコンをクリックします。

 

日本人トレーダーは、ローソク足が慣れていますので、

同じく、「ツールバー」のローソク足のアイコンをクリックしておきます。

 

トレードスタイルによって、時間足を変更する必要があったり、

複数時間足で動きを確認する時には、M1、H1、D1などの「ツールバー」で変更していきます。

M1=1分足、M5=5分足、M15=15分足、M30=30分足、H1=1時間足、H4=4時間足

D1=日足、W1=週足、MN=月足、となります。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る