矢田流!エントリーと決済タイミングの極意とは?FX・為替・投資

矢田流!エントリーと決済タイミングの極意とは?FX・為替・投資

トレードでお金を生み出すためには何が必要でしょうか?

数え上げたらキリがありません。

 

その中で、手法やロジックはどうしても必要になります。

ただし、ここで注意点が一つだけあります。

これからのマーケットの動きは気になりますが、予想や予測よりも正しいエントリーを行えるかどうかで結果が変わってきます。

エントリータイミングが改善されることで、利確ポイントにヒットしやすくなりますし、損切り幅を縮めることも出来ます。

 

しかし、あれこれ試してみても、あまり上手くいかないということ実際は多いです。

この改善のヒントを探っていきましょう。

 

そもそもの話ですが、エントリーポイントには2つの要素しかありません。

そのポイントが、反発とブレイクです。

 

相場は波打つように動いています。

 


 

上図のチャートであれば、黄色線のチャネルラインを行ったり来たりしています。

この幅の波の中での反発を意識してトレードすることが1つ目です。

そして、このチャネルラインをブレイクして下落に転じました。

波は、いつかはその方向が変化します。

そのブレイクポイントを意識してトレードすることが2つ目です。

これだけでトレードは成立します。

 

上記ではチャネルラインを挙げましたが、チャネルラインを使え、というわけではありません。

どんなテクニカルを使っても構いません。

インジケーターは、反発かブレイクを推し測るものでしかないということを認識すべきです。

その中で、「わかりやすい方向性があれば、その時にエントリーをする」

という考え方が大事です。

 

では決済はどうでしょうか。

これは、以前にも述べましたが、エントリータイミングが多少いい加減でも、決済タイミングがきちんとしていれば利益は残っていきます。

そのコツはゾーンで捉えるということです。

 

エントリーでもそうなのですが、ピンポイントで考えると、上下のゆらぎやランダムな動きに対処出来ないことがあります。

ですので、少し幅を取っていくということです。

 


 

先程のチャートを見ていきましょう。

トレンドラインをブレイクしたところでエントリーをしたとします。

ちょうどチェックの場面です。

利確目標をどこにおくかですが、水色の水平線2本を意識します。

ローソク足の実体やヒゲを手がかりに水色線の間で利確を設定するのです。

 

この時に短時間足の動きを見たり、時間経過、損切りとのリスクリワード等で決済を考えます。

最初は利確ポイントを一つのラインで見ていくのもよいです。

また、他のテクニカルやインジケーターを併用してタイミングを図るのもよいでしょう。

慣れてきたら、このようにゾーンで捉えると、利食いを伸ばせたり、利食いし損なうことも少なくなってきます。

 

エントリーも決済も点で捉えるのではなく、ゾーンで捉えるということを意識して、それが実行できればかなりスキルアップ出来るでしょう。

ぜひ、トレードの勉強の参考にしてみてください。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る