高値づかみと安値づかみを回避する方法

相場の勢いについ負けてしまうトレーダー

トレードをやっていると、買いのエントリーをした途端に下落転換したり、売りのエントリーをした瞬間に上昇に転じたり、ということを経験したことがあるかと思います。

「自分のディスプレイを誰かに監視されているのでは?」と思いたくもなります。

もちろん、そんなことはなく、ただ単にチャートにつられてエントリーをして高値づかみ・安値づかみをしてしまっているだけです。

 

なぜ高値づかみと安値づかみをしてしまうのか?

 

これは非常に簡単な理由です。

相場が勢いよく大きく動いた時に、

「早くポジションを持たないと折角のチャンスを不意にしてしまうかもしれない」

と考えて焦ってエントリーしてしまうからです。

トレンドの相場の勢いを活かせずに、結果的に逆行してしまい、含み損を抱えてしまうわけです。

確かに、高値・安値を更新していっているので、その気持ちもわからないでもありません。

また、ブレイクに乗るロジックもありますので、勢いを有効活用しようとするのはわかります。

しかし、それは、負けトレーダーの階段を登ってしまうことになります。

 

最初は押し目買いと戻り売りが基本

 

トレンドが出ている時は、勢いそのままに乗らずに、押し目や戻りを待つのが基本です。

トレンド中の押し目や戻りというのは、短時間で見れば逆張りになります。

長い時間軸での勢いに乗りながら、短い時間での逆張りという形は、結果的に勝ちやすくなります。

「全体のトレンドの順張り方向を視野に入れながら、行き過ぎ感を逆張りで捉える」

というのは、実は理にかなった手法だということです。

 

まずは、待つトレードをどんな時も意識することで、勝てるようになってくると思われます。

チャンスを逃したとしても、またチャンスはやってきます。

焦らずにトレードを取り組むということが、最終的に勝者になるということを理解しておきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る