コツコツドカンを避ける!FXトレード法

コツコツドカンを避ける!FXトレード法

コツコツドカンは、FXトレーダーの多くが経験したことのある失敗です。

しかも、コリずにまたやってしまう大きな問題でもあります。

今回は、コツコツドカンを避ける方法について解説していきます。

 

コツコツドカンとは

 

今さらコツコツドカンを説明する必要もないですし、知らなくても想像がつくとは思いますが、一定の利益を積み上げた後に、大きな損失を出してしまうことを言います。

せっかく貯めた利益を、一回の損失で吐き出してしまうばかりか、資金をマイナスにしてしまうこともあります。

そして、怖いのは、そこから取り戻そうとして無理なトレードをしてしまい、トレードスタイルが崩れてさらにマイナスを計上してしまうことです。

 

コツコツドカンの原因

 

コツコツドカンの原因は、いくつか考えられます。

とにかく損失を出したくない

勝率が高いトレーダーに多いのですが、負けたくない気持ちが全面に出すぎて逆行した場合に、プラマイゼロかプラスになるまで放置する傾向があります。

これは、誰もが無謀であるということは理解できるでしょう。

 

ルールが甘い、またはルールどおりに実践できていない

FXトレードではリスク管理は必須です。

その、トレードルールどおりに、実践することは重要ですが、意外に、この「ルールどおりに」というところが守りきれていなくて、マイナスを膨らませてしまうことがあります。

また、ルール作りが甘く、なんとなく値ごろ感でトレードしたり、気分によってルールが変わったりして、トレードに対する管理が曖昧で、大きな損失を被ることがあります。

 

コツコツドカンの回避方法

 

コツコツドカンを回避するための処方せんは次のとおりです。

 

必ず損切りの注文をエントリーと同時に入れておく

マーケットは急変することもあります。

ですので、予期せぬ損失を出さないように、エントリーと同時に損切り注文を入れておきます。

成行き注文であれば、すぐに損切り注文を入れておきます。

理想は前者で、トレードシナリオを描いたとおりにOCO注文やIFDOCO注文を入れておけばよいでしょう。

 

損切り注文を動かさない

思惑どおりの動きにならないと、ついつい損切り注文を深めに動かしたりします。

損切り注文を深めではなく浅めに移動させることはいいですが、損切りになるべくかからないように深く移動させてしまうことは、やめましょう。

損切りにかかって、利益方向へ向かった時は、悔しさは残りますが、諦めるべきです。

損切りを深くずらすことをしていうちに、それがクセになり、コツコツドカンをさらに誘発させてしまいます。

 

ロット数を少なくする

適切に損切り出来ないのは、ロットが大き過ぎて実行できない場合があります。

ですので、簡単に損切りを実践できるロット数まで落とすことも必要です。

 

コツコツドカンにいいことはない

 

コツコツドカンを繰り返すトレーダーは、トレード日記などを記録せずに、場当たり的にトレードする傾向があります。

長期的な利益が望めないことは、投資では意味がありませんし、ストレスも溜まるものです。

少ないロットでトレーニングしながら長期的利益を目指していきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る