注文方法 5 IFO注文

IFO注文とは先に紹介したIFD注文+OCO注文のことです。

IFO注文では、まず指値注文を入れてそれが成立すれば、利益確定と損切りを同時に設定できます。

 

例えば現在1ドル=100円50銭だとします。

もし、今後為替が下降して100円になったら買いで注文を入れます。

その後、101円まで上昇すれば決済、仮に99円まで下がったらそこで損切り決済をするという注文ができます。

 

こうすることによって、自分の希望の値段で取引ができる上に、

損切り額を設定しつつ利益確定も設定できます。

また、IFO注文を一度出しておけば、注文から決済まですべて自動で行ってくれるので、

チャートなどの画面を一切見ないで他のことにも集中できます。

 

IFO

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る