矢田が1日に持つポジションの平均時間をご紹介

矢田が1日に持つポジションの平均時間をご紹介

トレードスタイルには様々なものがあり、デイトレード、スイングトレード、スキャルピングに大きく分けられます。

そして、手法やロジックも多種多様で、トレーダーごとに存在すると言っても過言ではありません。

 

そんな中、トレードで利益を継続して出している人のことは気になるものです。

今回は、私がどのようなスタイルでトレードをしているか?

ということについて書いておこうと思います。

 

矢田のトレードは意外と短い

 

私も毎日トレードしていますが、一つのトレード手法のみでトレードはしていません。

デイトレード、スイングトレード、スキャルピング、さらにその3種の中で、ロジックを組み合わせてトレードしています。

ですので、複数の画面を見ての判断でのトレードになり、さらに、チャートを切り替えながらということで、操作は忙しくなります。

 

一方、トレードチャンスがない場合は、チャートのチラ見はするものの、トレードからは離れています。

このメリハリをつけるということは、意外と大事です。

ずーっと緊張しっぱなしというのは、判断力も操作も鈍くなっていくものです。

チャンスの時は攻めて、それ以外は、仕事や他のことに時間を費やしています。

複数の口座に分けてトレードしていますが、このブログで公開しているトレードは、スキャルピング~デイトレードの間でポジションを持ってトレードをしています。

 

どのくらいの時間ポジションを持ったトレードが良いのか?

 

では、私と同じように、スキャルピングやデイトレードで、あなたもトレードをすべきかというと、そうではありません。

 

むしろ、短い時間でのトレードは、とっさの損切りの判断も必要になり、スキルとしては、難しいものです。

ですので、数分のロスで利益や損失が左右されるような短いトレードではなく、最低でもデイトレード以上の長いスパンでのトレード、つまりスイングトレードをするべきでしょう。

 

私も今まで何万回というトレードをしていると思いますが、今でも操作ミスもあったり、損切りタイミングが遅くなったりすることがあります。

また、年を重ねてくるにつれて、若い頃の瞬発力は、なくなってきます。

そういう意味でも、自分のトレードに迷いがあるならば、時間的に余裕のある、ゆったりとした長期のトレードをすべきです。

 

具体的には、1時間足でのトレードをベースにすればよいでしょう。

慣れてきたら、1時間足より短い足でトレードもOKです。

また、1時間足以上の、4時間足、日足などでも、もちろんOKです。

 

特に、長い期間の足のほうがテクニカルは効きやすい傾向があります。

短期でのトレードを複利で回して、大きく稼ぐというのは魅力的ですが、精神衛生上あまりよくありません。

さらに、短期でのトレードは雑なトレードにもなりやすいことがあります。

攻めるトレードよりも守るトレードに重点を置き、待つトレードを心がけることが、結果的に利益をもたらすものです。

 

やはりコツコツと地道にやっていくことが、最後に結果となって表れてきます。

隣の芝生は青く見えますが、ブレずに自分自身のトレードを分析して、少しずつスキルを上げていき、学習していくようにしていきましょう。

 

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る