FXで「1日10pips稼ぐ」ことを目標にするメリットとは?

FXで「1日10pips稼ぐ」ことを目標にするメリットとは?

FXでの稼ぎ方というのは、毎日コツコツと少しずつ利益を積み重ねていく方法と、ゴソッと一気に大きなpipsを獲っていくという、大きく分けて、2つの方法に分かれると思います。

どちらが良い・悪いはないのですが、初心者や初級者が実践するには、どちらの方が、ベターなのでしょうか?

 

無理なく1日10pips獲っていくのが無難

 

FXトレードにおいて、勝ちやすいと思われる場面というのは、確かに存在します。

そこで、無理のない程度で利益を抜いていく、という方法がやはり無難です。

1回の利益を50pipsや100pipsという風に大きく狙いにいってもいいですが、たいていそこまでに到達する前に戻されてしまって、時間が相当かかってしまったり、それどころか損失方向へと伸びてしまうことがあります。

これは、非常にもったいないことです。

 

1日10pips狙いではコツコツドカンにならないか?

 

10pips程度では、リスクのとり方にもよりますが、損大利小になることもあるでしょう。

例えば、10勝して1回の損失で50pips負けてしまえば、

10pips×10-50pips×1=50pips

となります。

 

ただし、考え方によっては、プラスで推移しているのだから、問題ないとも言えます。

特にFXの世界では、負け組が多いと呼ばれる世界です。

その中で利益を残せているというのは、立派だと言えるでしょう。

 

利益を伸ばすのは後からでも良い

 

まずは、勝ちグセをある程度つけておくというのも必要です。

変に怖がってしまって、思い切ったエントリーができなくなるのも困るからです。

損小利大を求めて、利益を伸ばすのは、後からでも構わないかと思います。

最初からやると、難し過ぎて挫折しそうになります。

きちんとヒットを打てるようになってから、長打を目指していくことを意識すればよいでしょう。

まずは、損小利小からのスタートで十分です。

 

決済時のちょっとしたテクニック

 

決済は固定pipsでいいのですが、それでも簡単に利益を伸ばせる方法はあります。

それは、「押し目や戻りの兆候が出た時点で決済する」

ということです。

実は、押し目や戻りをつけた後には、さらに伸びて利益をかっさらうことも出来るのですが、トレンド方向に伸びるかどうか、やきもきしてしまうトレードの方が多かったりするものです。

ですので、サッと伸びた時に利食いをするということです。

これですと、ポジションの保有時間も短くて済み、精神衛生上にも負担がかかりにくいトレードになります。

 

このように、シンプルにトレードを考えると意外とうまくいったりするものです。

「テクニカルがどうのこうの」「パラメータはこれがいい」

ということはさほど重要ではありません。

勝てない状況であれば、まずは簡単な導入部から始めていくことをオススメします。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る