【FX】トレード手法にこだわりすぎる人がFXで勝てない理由

【FX】トレード手法にこだわりすぎる人がFXで勝てない理由

トレードをやっていると、「絶対に勝てる手法があればいいなぁ」

と思うことがあります。

ところが、それは、完全な間違いです。

と言うのは、必勝法というのは存在しないからです。

勝ったり負けたりしながらじわじわお金が増える手法はあり、調子が良いときには積極的に攻め、調子が悪いときには使用を控えることで、トータルで勝てるやり方はあります。

しかし、いついかなるときでも、必ず勝てるやり方はありません。

 

例えば、トレードをするのにインジケーターを利用してトレードを行うという方も多いでしょう。

ただ、このインジケーターのみに頼っていても一生安定的には勝てません。

インジケーターは、数値から作られているので、その数値さえ合えばチャートのあらゆるところでサインを出してしまいます。

勝ちが優位であればいいのですが、そのバランスが崩れるとマイナスに転じます。

バランスは自動的に取れないので、単純に機械のみでは利益を上げることが不可能なのです。

 

では、インジケーターを複数入れて、サインが重なるポイントでエントリーしたら高勝率では?

と思うかも知れません。

ですが、ここにも落とし穴があります。

インジケーターを多く入れた場合、そのエントリーポイントというのは、過剰に最適化されたものだったりします。

過去の相場にぴったり合うように作られているので、未来の相場では役に立たないことが多いです。

 

相場のボラティリティーは常に変わっています。

レンジ相場でもトレンドのサインが上下に続くなどすることもありますので、

そういったところで、サインの優位性が高いのかどうかを判断するのは、最終的には人間の目を使わないといけません。

ですので、サインでエントリーしたけど勝てないというのは当たり前なのです。

 

また、インジケーターが多いトレーダーは、判断基準が多いために、ポジションを入れる時は慎重になりやすく、利確は短く損切りは長くなりやすい特徴を持っています。

絶対に勝ちたいという思いが損大利小を生みやすい状況を作りやすくしているということです。

 

そもそもですが、矢印が出てエントリーするのはいいのですが、どこで利食いや損切りをするのか?

ということもあります。

勝つことや負けることは、とりあえずどうでもよくて、この辺の出口戦略を誤ると最終的に利益が残りにくくなります。

矢印はエントリーポイントに過ぎず、どこで利食いするか、どこで損切りするかの判断は別です。

サインはおまけに過ぎないということを理解すべきです。

 

もちろん、サインを使用して勝っている人はいます。

ですが、そういう方々というのはサイン以外にも重要な要素というのは外していません。

矢印が出たからという表面的なところではなく、プライスアクションや相場の方向性、通貨の強弱を組み合わせて、サインだけで判断できないところをしっかりと分析しています。

こういったように、サインが出たから今どういう状況なのか?

という本質的なところを抑えて判断をするのであればいいと思います。

 

結局、絶対的に勝ち、誰でも実行できる必勝法は、FXにはありません。

なのに、そういったものがあると信じて、あるいは期待して、次から次へと手法を試し続けると、それはもう永遠に目的地にたどり着けない手法の旅人です。

優れた手法でも必ず負けることがあり、その実力は統計的なデータでしか評価できません。

最低でも数百回くらいのトレード回数を検証しないと、使える手法なのかどうかは分からないものです。

ですので、数回のチャレンジですぐ諦めてしまう人は、もっと長い目でやり方を検証する意識が必要です。

地道に力をつけていくということをこれからも意識していきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る