1日1万円を手堅く稼ぐFXトレードの秘訣がコレ

1日1万円を手堅く稼ぐFXトレードの秘訣がコレ

せっかくFXを始めるならば、それなりの利益を出していきたいと思うはずです。

では、その金額、どれくらいなら満足でしょうか?

おおよそ、月20万円ほどの利益が上げられれば、なんとか生活はできそうですよね。

お小遣い程度を望めば、20万円は十分で、もっと少なくてもよいでしょう。

1日に換算すると、相場がオープンしている月曜~金曜の週5日で4週ですから、月に20日トレード出来るとして、1日1万円稼げればその目標は達成されます。

 

では、この1日1万円を達成するためには、どれくらいのロット数でどれくらいの獲得pipsを取っていけばいいのでしょうか?

 

ロット数とpipsからシミュレーションする

 

まず、1万円を稼ぎ出すためのロット数とpipsを考えてみましょう。

1万通貨での取引の場合、1回のトレードで1万円稼ぎ出すには、100pipsほどの利益が必要です。

これは、どの通貨を選んでも不可能に近い数字です。

 

では、5万通貨ではどうでしょうか?

同じく計算すると、1回のトレードで20pipsほどあれば1万円は達成できます。

これならば、現実的な数字です。

ただ、通貨によっては、値幅やボラティリティーの関係上、難しい時もあるでしょう。

 

さらに積み増して、10万通貨ならどうでしょうか?

これですと、10pipsで達成できます。

かなり現実味を帯びてきたと言えるでしょう。

 

さらに20万通貨なら、5pipsほどの利益でOKです。

もっと言うならば、50万通貨なら、たったの2pipsで1万円は達成できます。

 

現実的な数字を把握する

 

ここで問題が浮上します。

50万通貨でのトレードならば、たった2pipsを取るだけで利益が1万円は得られます。

しかし、ロット数は、かなり大きくせざるえなくなります。

当然、大きなロットでトレードするには、それなりの資金量が必要だということです。

現実的に50万通貨というのは、専業トレーダーでもかなり上手いトレーダーでのロット数ですので、狙うべきは、5万~10万通貨で10pips~20pipsの利益というあたりに落ち着くでしょう。

 

ロット数による適切な資金量は?

 

上記のような数値で1日1万円を狙うとするならば、国内業者ならば、30万円~50万円は必要でしょう。

本当は、もう少し欲しいところですが、これぐらいの投資資金、余剰資金を用意できれば、国内業者でもOKです。

もし、これぐらいの資金が用意できなくても、心配はいりません。

海外業者ならば、レバレッジが数百倍までありますので、かなり少なくて済みます。

レバレッジ100倍ならば、10万円でもOKです。

海外業者のレバレッジは、大抵は500倍近くまであるので、5万円ほどでも可能です。

5万円以下でもトレードはいくらでも出来ますが、5万~10万通貨で10pips~20pipsの利益を抜くならば、最低これ以上は必要と思っていたほうがいいでしょう。

 

1日1万を稼ぐコツとは?

 

1日10~20pipsなら無理はないのですが、相場状況によっては、値幅も少ないためにそれほど取れないこともあるでしょう。

そのような時は、5pipsを2回とか5pipsを4回とか細かくしてトレードをすると達成しやすくなります。

また、注意点として、稼ぐことばかりに目がいきがちですが、連戦連勝ばかりと、都合良くはいかないこともあります。

リスクコントロールがで出来なかったり、トレードでの感情の揺れというのは、成績に大きく響きますので、常に注意をするべきです。

まずは、「勝って利益を取る」というより、「負けにくいトレード」から始めて、スキルを磨いていくというスタンスから取り組んでいきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る