「コロナでも億り人」トレーダーの感想

「コロナでも億り人」トレーダーの感想

コロナ禍での相場で大損をしたトレーダーもいれば、大儲けをしたトレーダーも存在します。

そのような人は、どのようなトレードで利益を出したのでしょうか?

周りにいる億超えの資産を持つトレーダーなどのトレードスタイルを参考に解説していきたいと思います。

 

短期のスキャルピングで大きく稼ぐ

 

大きな相場時は、当然ながら、値幅や値動きが大きくなります。

短い時間での値動きも激しくなり、いつも見ているチャートとは別物になります。

昨年、大きく動いた米ドル円の日足を見てみます。

 

 

右のレートとローソク足の幅を見てもらえれば分かるのですが、1日の値動きが1円以上というのが、この時期はザラです。

現在の値動きからしてみれば、2倍以上の動きが毎日存在したということになります。

持ったポジションが、トレンド方向であれば、短い時間に大きく稼げていたでしょう。

事実、私もこの短期トレードで大きな利益をモノにしました。

 

中期~長期のデイトレで大きく稼ぐ

 

通常100pips以上の大きな値幅で利益を稼ぐには、スイングトレードを実践していきます。

その期間というのは、最低でも数日、1週間は様子を見るというのも少なくありません。

コロナショック時は、上記のとおり、値動きが激しいので、200pipsや300pipsという値動きが数日、場合によっては1日で完結してしまいます。

 

ここで2つの戦略が出てきます。

スイングトレードを短めのデイトレードに落とし込むという方法と、スイングトレードをそのまま実践して値幅をもっと稼ぐという方法です。

短めのデイトレードの落とし込みは、回転数を上げられるので、コロナのような相場では、やはり大きく利益をあげられます。

そして、スイングトレードをそのまま実践する場合、値幅は10円以上、1000pipsというのも狙えます。

上記のチャートでも、天底の値幅は10円以上になっています。

チャートリーディングを目先の値動きに惑わされずにきちんとできれば、一撃で大金を稼ぐことも可能ということです。

持つロット数にもよりますが、1回のトレードで100万、1000万稼ぐトレーダーも多く存在しました。

 

大相場は大きく稼ぎやすいが大きく負けやすい

 

大きな相場は大きく稼ぐことが出来ますが、その逆、損失も大きく出してしまう可能性もあります。

 

短期のスキャルピングであれば、逆方向へ進んでしまった場合、あれよあれよと言う間に含み損が膨らんでいきます。

その時に冷静に損切りが出来るかと言うと、簡単に切れるわけにはいかないでしょう。

 

中期~長期に関しても、同様に、今までにないスピードの値動きのために、面食らうような場面も出くわしてきます。

チャンスとして捉えるトレーダーが多いですが、リスクが高いことを考えると、あえて、こういう時はトレードをやらないという選択肢もあることは考えておきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る