FXで重要視するなら「エントリー」と「クローズ」どっち?

FXで重要視するなら「エントリー」と「クローズ」どっち?

トレードには、絶対がない世界です。

勝率100%があるわけでもなく、結果が全てですから、セオリーどおりでなくても、利益が上がっていれば、それでOKという世界です。

テクニカル派でもファンダメンタル派でも、どちらでもいいですし、

トレードスタイルも、短い取引のスキャルピング、長時間軸のスイングトレード、どのスタイルでも構いません。

 

今回は、エントリーとクローズ(決済)、トレードではどちらが大事なのか?

というテーマについて解説していきます、

 

やはりエントリーが大事?

 

エントリーとクローズを考える時に、まず、「利益を今以上に上げるためには何が必要か?」ということを考えていきます。

利益を改善するためには、ズバリ言うと、勝率を上げるか、リスクリワードを上げるか、どちらかを上げれば利益増の期待ができます。

ここで、どちらを上げるのが簡単かというと、やってみるとわかりますが、勝率を上げるのは、なかな難しかったりします。

リスクリワードを改善していく方がどちらかというと、簡単です。

ですので、「リスクリワード改善に、エントリーとクローズ、どちらが重要か?」ということを考えればよいのです。

 

決済をずらしていくということになると、利確と損切り、両方をずらしていくという感覚が必要になります。

利確だけずらしても損切りの幅は動きませんし、損切り幅のみずらしても、利確の位置はかわりません。

つまり、リスクリワードの比率を良くしようと思えば、利確と損切り、共に動かしていく必要性があります。

 

しかし、リスクリワードの改善の手間は、エントリーポイントだけの精度を上げるだけで変えることが出来ます。

となると、労力を考えれば、エントリーを改善するほうが効果的となり、エントリーポイントが重要ということになります

 

理論はエントリーが重要だが、やはりクローズの方が重要?

 

決済という行為は、実はエントリーよりもはるかに難しいものです。

わかっていても、直前の値動きで決済をズラしてしまったり、遅らせてしまったりするものです。

クローズのレートを、より有利な方向へとずらすことができればいいのですが、人間の行動上、トレード時は、冷静な判断が出来ないものです。

エントリー時の心理は、ルールが決まっていれば、どんな人でもルールどおりにエントリー出来ますが、クローズに関しては、その時の値動きにつられて、経験や感情によってルールどおりに決済できなくなり、マチマチの結果になりやすいです。

 

結果的に、クローズ(決済)による出口戦略の方が重要であるということです。

無機質な単純なトレードのハズなのに、心理や感情が入り込むことによって、複雑化してしまうというのは、なんとも言えないものですね。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る