【Part3】FXのMT4の基本的な使い方(注文方法・トレード方法)

MT4の基本的な使い方 その3(注文のやり方)

今回はMT4の注文機能の使い方をマスターしていきましょう。

基本的な使い方は、「ツールバー」の「新規注文」から行います。

 

 

オーダーの発注画面が出てきます。成行注文はここから選択するだけです。

ここで注意したいのは、ロットです。

1.0は10万通貨になります。1万通貨は0.1、1千通貨は0.01になります。

 

指値注文は、真ん中にある「注文種別」成行注文を指値注文に切り替えていきます。

 

 

「buy limit」は買い指値、  「sell limit」は売り指値、「buy stop」は買い逆指値、「sell stop」は売り指値注文になります。

価格に指値を入力し、「決済指値」と「決済逆指値」に希望決済レートを入れていきます。

決済が上部でエントリーが下部で、本当は逆の方がやりやすいのですが、これは仕方がありません。

 

ポジションを持つと、下のような画面になります。

成り行き決済なら、右端の×ボタンで決済が一番手っ取り早いです。

 

 

ポジションが表示されるところで右クリックをすると、下の決済画面になります。

成り行きで入れば、ここで決済注文を途中で入れることが出来ます。

また、決済のオーダー変更もここで出来ます。

 

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る