FX初心者がやりがちな負けパターンとは?

FX初心者がやりがちな負けパターンとは?

私は、現在でこそ勝てるトレーダーにはなりましたが、それ以前は、数多くのトレードの失敗経験があります。

順調に勝っていたものの、一気に資金をマイナスに展示させてしまったこともありますし、相場から退場を余儀なくされたこともあります。

知っているのと知らないでは大きな違いが生まれます。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

常にポジションを持ちたがる

 

初心者に限らず、初級者・中級者でも常にトレードをやりたいという願望が強いようです。

特に、本業が忙しいトレーダーさんは、トレードする時間も限られているために、スキマ時間でのトレードで、ポジションを持ちたがる傾向があります。

その気持ちはわからないでもないのですが、安易な考えでのポジションは利益を生むどころか、損失を出しかねません。

相場状況の悪い時や判断がつきにくい時には、トレードは慎むべきでしょう。

待つのもトレードの一つであることを認識しておきましょう。

 

ロット数が大きすぎる

 

これもトレードで犯しやすいミスの一つです。

1トレードに賭けるロット数が、資金量に対して大き過ぎることです。

いわゆる、資金管理が適切に出来ていないために、負けた時に大やけどを負ってしまうワケです。

毎回フルスイングでトレードをしていても、そう簡単にホームランは出ません。

コツコツと増やしていく中で、たまに長打が出るようなイメージで増やしていくイメージを持ちましょう。

一回の損失は、資金の何%というように、しっかりとルールを決めてロット数を決めていくべきでしょう。

 

ナンピンを多用している

 

ナンピンは、上がる(下がる)と思ってポジションを持ったけれども、下がって(上がって)しまい、買い下がり(売り上がり)をして、約定レートを平均に均(なら)していくことです。

ナンピンは、思いの外、うまくいくことが多いですが、それに味をしめてしまい、多用すると、レートが戻らない時がやってきた時に、壊滅的なダメージを受けます。

ナンピン戦略は、うまく使いこなすことで利益に働くこともありますが、無計画なナンピンは危険極まりありません。

まずは、逆行した時には、素直に損切りをしておくべきでしょう。

 

利確が早すぎて損切りが遅い

 

いわゆるトレード結果が、損大利小になっている状態です。

利確が早すぎても利益が出ているので、問題はないような気がします。

しかし、損失を補填できないような微々たる利確では、資金も増えていきません。

同様に損切りが遅すぎることで、順調に資金を増やしていても、数回の損切りや一回の損切りだけで、ほとんどの利益を飛ばしてしまうこともあります。

利確と損切りは、表裏一体です。

利確はなるべく伸ばして、損切りは早めに、ということは、日頃から意識しておくべきでしょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る